> 趣味・ライフスタイル > 心配事がある時は心配してはいけない!?思考は現実になる

心配事がある時は心配してはいけない!?思考は現実になる

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.19

2014y01m18d_044843924

心配事がある時に、色々と不安になって考えてしまう事があると思います。しかし、心配事を考えてしまうと、心配した通りになります。心配事がある時は早めに手放しましょう。

心配事があると、どうしても不安な気持ちになってしまいますが、脳の構造上、心配をするとそれが現実になってしまう確率が上がるのです。心配をした風景がイメージとなって、そこまでの道筋を潜在意識がストーリー立ててしまうからです。

本来、不安の9割は当たらないという風に言われていますから、不安な気持ちになった時に考えないように気をつける方が良いのです。

折角9割は外れてくれるのに、不安を持ち続けたためにその通りになってしまっては、自分で不安な通りにしているだけです。不安な気持ちはリセットするように習慣付けをしましょう。

不安な時は、大抵物事が上手くいっていない事が大半です。そんな時に「どうして上手くいかないんだろう?」と思う事も不安を作り出す事に繋がります。

では、どうしてその事が不安を作り出すのでしょうか?

どうして上手くいかないんだろうって思っていませんか?

実は、脳は考えたとおりに答えを出す仕組みになっています。例えば、どうして上手くいかないんだろうと考えると、その事に答えを出そうとするのです。

上手く行かない理由に焦点を当てて検索を開始するのです。ですから、どうして上手くいかないんだろうと思えば思うほど上手くいかない理由ばかりを探してきて、上手くいかない方法ばかりを見つけてきます。

上手くいかない方法ばかりを見つけてくると、それがイメージとなって頭のなかでシュミレーションをしてしまいます。そして、その通りになるように、潜在意識がコントロールをしてしまうのです。

どうしたら上手く行くんだろう?と考えよう

では、解決方法を紹介します。

こういう場合は「どうしたら上手くいくんだろう?」と考えるようにしましょう。そうすれば、うまくいく理由に焦点を当てて、上手くいくための方法に対して検索をかけてくれます。

上記同様に上手くいためのイメージが作られ、そして無意識がうまくいくためにコントロールをしてくれます。

「どうしたら達成出来るんだろう?」
「どうしたら上達するんだろう?」
「どうしたら乗り越えられるんだろう?」

全ての質問を、どうしたら可能になるかという質問にする事がとても重要です。可能性思考になると、可能性が上がります。可能性思考をして、沢山の事を実現させましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加