> 趣味・ライフスタイル > 資格試験に簡単に受かるためのテクニック

資格試験に簡単に受かるためのテクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.16

資格試験を受けるとしたら

資格試験を受けても、なかなか受からないということになると、焦りが出てきてしまいます。そしてプレッシャーを感じるということもあるでしょう。出来れば一度で合格したいという思いを持っていても、それが出来ないこともあるかもしれません。

基本的に資格試験というものは、7割程度の点数が取れれば合格出来るわけですが、その分勉強しなければいけないと考えている人が多いようです。

でもそう考えるとかなりの知識が必要になることになってしまいます。でも実際には自分自身が元々持っている知識というものがあるわけですから、7割も勉強しなくていいということもあるのです。

そしてその資格試験が自分の趣味で受けるというようなものなら楽ですが、会社から言われていて、受かることにより資格給というようなものがもらえる場合も多々あります。

趣味で受ける場合でしたら、別に落ちてもいいかなと思うかもしれませんが、会社から受ける場合には、受からなければ恥ずかしい、もったいないというように思う気持ちもあるでしょう。

長期間の勉強は疲れる

資格試験を受ける場合でしたら、長い期間勉強するということはとても疲れることになるでしょう。出来れば短期間で勉強するコツをつかむというようにした方が、集中力を欠くことなく資格試験を受けることが出来ます。

そのためには、どの知識が必要かということを前もって知っておくことが必要なのです。前もって知らないということになると、暗記することも難しくなってきます。暗記することが多くなるほど、疲れてしまうことになるのです。

受けようという意欲さえ失ってしまうということにもなりかねませんので、出来るだけ短気集中で資格試験を受けるようにした方が良いでしょう。資格試験の勉強というものは、ダラダラとした勉強の仕方をしない方が良いのです。

好んで勉強をしたいという人であっても短期間の勉強にした方が、効率が良いことになります。長期間の勉強をすることにより、その間に重圧を感じる時間が増えてしまうことになりますので、出来るだけそういう時間は短い方がいいということになります

計画を立てて勉強する

とりあえず過去の問題をしておけばいいだろうというようにして、過去の問題集だけをやる人もいますが、そうなると自分のペースで勉強が出来ていないことになります。そうではなくて、自分自身でしっかりと計画を立てて勉強をすることが、とても大切なことなのです。

もちろん過去の問題集を見て、実際に試験に出そうなところをチェックすることは必要です。でもその問題が試験に出る可能性はどのくらいの確率なのかということを考えてみましょう。

そう考えると、もしかしたら出ないかもしれない問題を、必死でやることになるかもしれません。それよりも、自分で計画を立てて知識を得て学んでいった方が、賢明ということもあるのではないでしょうか。

落ちた時のことを考えない

もしも落ちたらどうしよう・・というように悪い方悪い方に考えてしまう性格の人もいますが、そのように考えることで自信をどんどんなくしてしまうことになります。自信を持つためには、受かった自分をイメージするようにしましょう。

イメージして、どのような気持ちなのかどのような考えを持つのかというようにして、ポジティブに考えてみたほうが、流れが良い方向に向かうことになります。

もしも落ちたら恥ずかしい・・また受けなければいけなくなる・・というように考えることで、自分自身を追い詰めることになります。

せっかく頑張ろうとしている自分のことを追い詰めるのではなくて、応援して励ますというような、そんな勉強の仕方をすることが理想的です。

もしも受からなければ、それはその時に考えればいいことです。そしてそれも一つの経験値に必ずつながると信じて、資格試験を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加