> 趣味・ライフスタイル > 週末に効率的に仕事を消化させてしまう、とっておきの方法とは?

週末に効率的に仕事を消化させてしまう、とっておきの方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.12

Fotolia_47486104_Subscription_XL

仕事がたまってしまった…そんな時には

最大限に努力をしたのだけれど、金曜日は時間切れで仕事を終わらせることができなかった…。そんな経験がおありではないでしょうか?

そんな時、あなたははどのような行動を取るでしょうか?「物理的に終わらないものは仕方がないから、週末はしっかりと休養をとって、月曜日からフレッシュな気持ちで再チャレンジしよう!」そんな風にお考えになるかもしれませんね。

でもちょっと待ってください。「仕方がないから…」と諦めてしまって、翌週気持ちも新たに取り掛かろうなんて思っても、実際にそのような事は可能でしょうか?

週が変われば、また新たな仕事はたくさん舞い込んできますし、なによりも週の初めというのは、会議などの「余計なイベント」が往々にして入り込んできてしまうもの。

金曜日にあれだけマックスだったテンションも、土日の休息ですっかりゼロに戻ってしまい、ようやくデスクに向かった時には「はて、自分は何をやっていたんだっけ?」などとなってしまうのが関の山です。

週末くらいは休みを取りたい気持ちは理解できますが、たまった仕事は早めに片付けてしまう方が、後々では楽になります。

仕事がたまってしまった週末に試して頂きたい、とっておきの方法をご紹介していきましょう。

場所を変えよう

それなら土曜日のオフィスへ…と考えるかもしれませんが、これは是非とも避けて頂きたい方法です。土日に仕事をする事は、後の自分には確かにプラスにはなるのですが、せめて環境だけは「休日モード」にした方がベターです

インフラ的に問題がないのであれば、ノートパソコンを持って普段は乗らないような電車に乗って、知らない街の図書館を利用してみるのも、気分が変わってとても良いものです。

また、ホテルに出かけて1杯千円のコーヒーを飲みながら、豪華なラウンジで仕事をしてしまうのもオススメです。ホテルのラウンジはエグゼクティブ達もよく利用をしますから、仕事の合間には、ぼんやりと彼らを眺めて「土曜日に仕事をしてるのは、自分だけじゃない」「自分もいつか、あんな風になりたい」などと思いをはせるのも、刺激にもなります。

思い切って遠出もアリ

でも、そんな「プチ遠征」ができるのも、半日分位の仕事がたまっている状態に限られます。バッチリと丸一日はかかりそうなくらい重度に仕事をため込んでしまっているのならば、いっそのこと遠出をして、完全に気分を変えて仕事をしてみるというのも有効な手段になります。

最近では、インターネットの旅行サイトなどをみてみると、「当日割プラン」などを打ち出しているホテルや旅館がたくさんあります。

一泊朝食付きの半素泊まりプランであれば、温泉旅館などであっても驚くほど格安に泊まることができます。あまり遠方ではオススメできませんが、自宅から2時間程度鉄道を利用すれば到着できるような場所ならば、その「サテライトオフィス」をぜひとも利用して頂きたいと思います。

少々の投資は必要にはなりますが、その旅館に向かう列車の中では、今からやる仕事の大まかなイメージングが可能になりますし、変わりゆく新鮮な車窓の風景は、普段では決して生まれないようなアイデアをあなたにもたらしてくれます。

宿にチェックインしたら、そそくさと仕事を始めてみましょう。最初は少し戸惑いもあるかもしれませんが、その場の空気に馴染んでくると、驚くほど効率的に仕事が消化されていくことに気が付くでしょう。

少々疲れを感じたら、旅館の中にある温泉に浸かってコンコンと湧き出す大地の恵みを全身に感じてパワーを充電します。普段はすぐに疲れてしまう脳ミソも、こんな「贅沢」をさせてあげれば驚くほどにリフレッシュされて「さあ、続きを頑張ってしまおう」という満ち満ちた気分になるものです。

投資は利益で戻ってくるから心配しない

今回ご紹介した手法は、多少の出費(私は投資と考えますが)が必要になりますが、その費用対効果は非常に高いものだと考えています。

少々費用がかかっても、効率的に仕事を片付けてしまえば、翌週からはスッキリと業務に入り込むことができますし、何よりも「たまった仕事が無い」という状態は、あなたの思考をとてもポジティブにしてくれます

そういった状況では、驚くような企画が思いついたり、新発見が見つかったりするもの。営業さんであれば、社内の誰しもが取れなかった案件をゲットできたりする可能性が高まるわけですから、決して無駄な出費にはなりません。

たまった仕事に絶望感を頂くならば、ぜひとも場所を変えてみましょう。「自分って、こんなに仕事ができるんだ」と、あなたの知らない自分に出会えるかもしれませんよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加