> 趣味・ライフスタイル > 毎日を笑顔で過ごせる!幸せになるために必要な5つの秘訣!

毎日を笑顔で過ごせる!幸せになるために必要な5つの秘訣!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.13

あなたは、日々の生活に幸せを感じていますか?「YES」の人は、非常に充実した人生を歩んでいることでしょう。

では、「NO」や「あまり感じていない」という人は、そのままの人生でいいと思っているでしょうか?おそらく、ほとんどの人はこの状況をなんとか改善したいと思っているでしょう。実は、ある5つのことを守るだけで誰でも幸せを感じることができるようになります。

1.幸せな人たちと一緒にすごそう

あなたの周りに順風満帆で、幸せに満ちあふれた人はいませんか?そういう人を見て「うらやましい」と思うのは大丈夫ですが、「なんであいつだけ……」と相手を嫉妬したり、恨めしいと思っている限り、幸せになることは絶対にありません。なるべく、そういった友人を大切にして、休日などを一緒に過ごしてみてはどうでしょうか。

幸せな人と一緒に過ごすと、気持ちが前向きになり活動的になります。カリフォルニア大学の研究によると、幸せな人と一緒に過ごしていると、自分も幸せになる確率が25パーセントアップするそうです。ぜひ、幸せを感じている友人と一緒に過ごして、幸せのお裾分けをもらってみましょう。

2.テレビやSNSを控える

テレビは様々な番組が次々と流れていくので、格好の暇つぶしやストレス解消になります。ですが、テレビは一時的な楽しさはあるものの長い目でみると満足度は低い物です。

また、SNSは一見「人とのつながり」があるように見えますが、結局はインターネット上での交流と言うだけであって、人と人との強いつながりを得ることはできません。

テレビやSNSに時間を使うくらいなら、家族や恋人、友人らとリアルなコミュニケーションをとることを心がけましょう。テレビもSNSも適度に楽しむにはいいでしょうが、長時間やのめり込んでしまうことを避けるために、少し距離をおくようにしてみましょう。

さらに、「テレビを観ながら」あるいは「SNSをしながら」のような「ながら作業」は注意力も落ちてしまうので、日々の生活の小さな幸せや変化を見落としてしまいがちになるので、オススメしません。

3.いつも笑顔でいる

いつも笑顔でいることを意識して生活してみましょう。顔の表情筋が固まっていると、自然と身体全体に力が入ってしまいます。頬をゆるめるよう笑顔を作るようにしましょう。

笑顔でいると、ストレスを誘発するホルモンを減少させることができる上、幸福感を感じるエンドルフィンの分泌量が増えます。笑顔でいることは、身体や心に栄養を与え、幸せを強く感じることができるようになります。ただ、作り笑いではなく、自然に笑うようにすることが重要です。

4.自然体でいる

あなたは、無理に自分を着飾ったり、作り上げたりしてはいませんか?もし、そうだとしたらそれは幸せから遠ざかってしまう行為です。確かに、「なりたい自分」や「こうありたい自分」というものを設定して、少しでも近づくために努力することは大事な事です。

ですが、それでは肩に力が入りすぎて日々の生活を有意義に過ごすことはできません。自分の欠点をある程度みとめたり、受け止めて、理解するようにしましょう。そうするだけで、肩の荷が下りたように心が軽くなるはずです。

自分を騙すような行為や隠し事などをするのではなく、自然体で過ごすことで自分に自信が持てるようになります。自信を持つことは幸せへの第一歩と言えるでしょう。

5.人の悪口や陰口を言わない

人の悪口や陰口を頻繁に言っていたり、ネット上に書き込んだりと愚痴ばかりいっている間は絶対に幸せになることはありません。悪口や陰口を言うことで、ストレス解消になっているように感じますが、実際は言っている自分自身も良い気分とは思っていません。

それを聞かされるあなた以外の人は、もっと気分を悪くします。悪口や陰口ばかり言う人には、人は集まるどころか離れていく一方ですし、愚痴を言い合うようなコミュニティに身を置いている限りは、幸せは遠のく一方です。

人の悪いところを探して、誰かに言ったりするくらいなら、その人の良い所を探して、話すくらいの器を持ちましょう。

幸せの定義は人それぞれでも……

幸せの定義は人それぞれだと思います。ですが、充実感や満足感のある生活を送っていると、幸せに近づくのは間違いないのではないでしょうか?

もし、いまあなたの生活に「幸せ」を感じることが少なくなってしまっていて、毎日を「何となく」過ごしてしまっているのなら、今回紹介した幸せになるための5つの方法を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加