> 趣味・ライフスタイル > 7つの習慣の原則を実行する事によって成功に導くマインドとは!

7つの習慣の原則を実行する事によって成功に導くマインドとは!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.10.16

7つの習慣とは

今様々な企業でマインドとして取り入れられているのが、7つの習慣です。人材育成に役立つとして、社員研修などで使われたりしています。7つの習慣の原則を実践する事によって、どんな事が出来るようになるのでしょうか?

7つの習慣の時間のマネジメントとは?

第一に、7つの習慣で成功する為に一番大事になって来るのが、時間のマネジメントです。できる男は絶対やっている!と言われている時間のマネジメントですが、具体的にはどうやったら良いのでしょうか。

人間誰しも与えられている時間は24時間ですね。その24時間をどう使うかで、人生変わってくると言っても過言ではありません。ただ単に、毎日をやり過ごしているだけの人生と、きちんと計画を立てて毎日の24時間を有効に使っている人の人生、最初のスタート地点は同じであったとしても、最終的にはだいぶ差がついてくるのではないでしょうか。まず、大ヒットした7つの習慣では、毎日のする事を、4つに分類しています。1⇒緊急であり重要である事。2⇒緊急じゃないけど重要な事。3⇒緊急だけど重要じゃないこと。4⇒緊急でも重要でも無い事。

これらの4つに、普段自分のしている事を当てはめていくと、面白い事がわかります。試しに、一つ一つ書いていってみると、非常に良くわかるのですが、1,3,4に偏っている事に気付きます。4なんて特に、何も考えずに毎日を過ごしている人は、4だらけと言う事になってしまうのではないでしょうか。テレビを見るだとか、漫画を読むだとか、パチンコ屋さんに行くだとかそういう事はすべて4に含まれます。スポーツクラブに行くなどは2にあたります。きちんと自己管理できている人は、2の領域にも色々と項目が追加されたのではないでしょうか。

7つの習慣で成功する為には?

出来る男は、この2の領域を埋められるのが特徴なのです。ただ、残念ながら2の領域を埋められている人はあまりいないはずです。緊急じゃなくて重要な事と言うのは、なかなか出来ない領域だからです。1・3に関しては、どうしてもやらなきゃいけない事になりますが、2に関しては、自分に対して厳しい人じゃないと、なかなか難しいのです。それが7つの習慣で言われている事ですが、この第2領域に着目し、ここの領域の事をやっていくのが、目標を達成して、きちんとした時間をマネジメント出来るコツだと言われている事です。

7つの習慣を実践する為には、TO DOリストを作る事が有効とされていますが、TO DOリストを作るだけではなく、優先順位などもきちんと決めていき、それを時間で区切っていく事をオススメします。そうする事によって、書いたTO DOリストの消化出来なかった項目を減らしていく事が可能となります。書いたものはその日に出来なかったとしても、いずれきちんと消化出来るようにしていくと、7つの習慣の2の領域も達成していく事が出来るようになるのです。結果、色々な目標を達成する事が出来るようになっていきます。TO DOリストは書く事によって、仕事を消化するスピードが早くなっていきます。そして、達成感も同時に味わえるので、とってもお勧めの方法です。

そしてある時、時間を上手に使えるようになってきている自分に気づくはずです。今までは、○○時間かかっていた事が、半分の○時間で出来るようになっている。などと言う変化が必ず現れるはずです。すぐには無理ですが、継続する事によって頭で上手にリストを達成出来るようになってくるものなのです。

こうした記事を読んで今すぐ動ける人が、目標を達成出来る人と言う事になるのではないでしょうか。まずは、自分のTO DOリストを4つの領域に分けてみる事から始めてみては如何でしょうか。今まで気づかなかった事などが見えてきて面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加