> 趣味・ライフスタイル > 偶然の幸運であるセレンディピティってどういう能力なの?

偶然の幸運であるセレンディピティってどういう能力なの?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.30

偶然の出会いを表す脳科学用語のセレンディピティ。人生のチャンスを手に入れる能力の象徴的な言葉です。そんな偶然のチャンスを手に入れるための具体的な方法を紹介します。

セレンディピティという言葉を聞いた事がありますか?これは、「セレンディップの三人の王子」という童話にちなんだ言葉です。三人の王子は旅の途中で様々な偶然に出会いました。しかしそれらは自分が求めていた偶然では無かったのですが、結果的にはそれらの偶然が王子達に幸運をもたらすというお話です。

その事から、偶然の幸運の事をセレンディピティと言います。周りの人に偶然の幸運を沢山享受されている人はいませんか?「どうしてあの人はあんなに運がいいんだろう?」でも、偶然の幸運というのは掴むコツがあるのです。そのコツさえ知っていれば、偶然の幸運を引き寄せるのは決して難しい事ではありません。

行動するとチャンスが増える

そのコツは、先ずは行動をするという事が大切です。行動をするとチャンスが増えるのです。例えば簡単な例でいうと、10人が集まる交流会に出席をすると、10人分の何らかのチャンスがあるわけです。仕事でも、1件だけに営業するよりも10件営業した方が10倍のチャンスがあるわけです。

もっと身近な例で言うと、宝くじを1枚買うより10枚買った方が当たる確率は高くなるわけです。その様に、行動するという事で様々なチャンスに出会う事が出来るのです。

アンテナを張って気付く

次に、いくら行動をしてチャンスに遭遇しても、それをチャンスと気付かなければ意味がありません。常に自分にとって何がチャンスなのか、ひょっとしたら今チャンスが来ているのでは無いかとアンテナを張り続けて下さい。

どんな内容も、自分に役に立つのでは無いか?仮に関係が無さそうでもどうすれば自分の思っている事と繋がるのか?などという視点でチャンスに敏感になりましょう。

否定的にならずに受け入れる

常に素直であり続ける事も必要です。頭が硬くなってしまってはチャンスを掴む事は出来ません。自分にとって「それは絶対に無い」と思う様な事にも、そこにチャンスがあるのかも知れません。

どんな事に対しても否定的にならず、一旦自分の中で受け入れる癖を付けて下さい。そして柔軟な発想で、そこから何らかのチャンスがあるのか、そこから何か良いものや良い事が生み出されないのか?そんな事を考えられる様に素直でいて下さい。これらの事を実践していると、きっと周りから「運がいいんだね」と言われる様になりますよ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加