> 趣味・ライフスタイル > 「世界のがっかりスポット」ピラミッドを楽しむ3つのまわり方

「世界のがっかりスポット」ピラミッドを楽しむ3つのまわり方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015.06.26

shutterstock_219988495

エジプトのピラミッドですが、どうやら世界がっかりスポットと言われてるそうですね。

その訳は、街中に聳え立つピラミッドだからだそうですが、確かにピラミッドは普通に電車の駅を降りて街中を歩いてると現れます。

そして最大の原因は、ピラミッドの前にケンタッキーフライドチキンがある事なのでは無いでしょうか。逆にKFCの階席?に行くとピラミッドが一望出来るそうです。

外から見るだけがピラミッドでは無い!中に入る事も出来ます

ケンタッキーフライドチキンは、ピラミッドの前と言うよりもどちらかと言うとスフィンクスの目の前にあります。神聖なピラミッドの前がケンタッキーだったらさすがにがっかりしてしまいますね。

ですが、そこだけを見ると確かにがっかりスポットかもしれませんが、実はピラミッドは、中に入る事も出来るのです。

古代のエジプトの人々が命をかけて作ったピラミッドです、折角あそこまで行って中に入らずに帰るだなんて事はしてはいけません。

ピラミッドの中は、壁画が描かれていたり、王様のミイラがあったり神聖な場所です。

写真撮影も禁止されており、かなり狭くかがまないと前に進めない場所がありますが、なかなかピラミッドの中に入るだなんて言う事は出来ない経験なので、別料金ですが、必ず入っておくべきスポットでしょう。

外だけを見て満足してはいけません。

もう一つのピラミッドの楽しみ方

そして、ピラミッドの楽しみ方としてもう一つお勧めなのが、ピラミッドを裏に回ってみてみるということです。

馬車などに乗って裏側からピラミッドを見ることが出来ます。一旦外に出て外側から見ることが出来るのです。

外側から見ると並んだピラミッドを見ることが出来ますし、周りはなんと言っても砂漠なのでかなり情緒溢れるピラミッドを見ることが出来ます。

一番のお勧めは、日没の時間に外側からピラミッドを見ることです。

砂漠の中に聳え立つピラミッドに沈む夕日がとても美しく、絵になります。

ラクダなどもそこらじゅうにいますので、ラクダを交えて写真を撮ってみてください。かなり素敵な写真だと思いませんか?

ラクダとの写真は強制的な有料なので注意

なお、ピラミッドのラクダのりは、お金を要求するプロと言われてますので、ラクダと一緒に写真を撮ったら、すぐにマネーと言ってきます。

一応写真を撮らせてもらった訳ですから、多少の心づけ位はあげてみても良いかもしれません。

ピラミッドを一周する
ピラミッドの中に入る
普通にピラミッドを見る

3点セットのコースでかなりピラミッドは堪能出来るのではないでしょうか。とってもお勧めのコースです。

いくらお金を持っていてもヘリはおすすめ出来ない

お金が余っていてもヘリで空からのピラミッドはオススメできません。なぜなら地形的に感動出来る地形では無く、砂漠と都会の境目にピラミッドがある為、なんとも微妙な景観だからです。

地平線から見るピラミッドの方が素敵だったりします。

観光地なので物価が高いのが残念・・

観光地なので物価が高いのはしょうがないですが、やはり悲しいですよね。外国人観光客を狙った単価とはいえ、尋常じゃない程の金額を設定している店もありますので、買い物は自己責任ですよ(笑)

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加