> 趣味・ライフスタイル > 自分が成長している実感はありますか?自分の枠を広げる方法

自分が成長している実感はありますか?自分の枠を広げる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.12

Fotolia_39829317_Subscription_XXL

成長している人は、自分自身では無く、自分がもたらした事による周りの環境から自分の枠が広がって行く事が感じられます。成長の感覚を掴みましょう。

自分が成長すると周りの接し方が変わる

自分が成長していく時、その実感はどこから感じることが出来るのでしょうか?

知識を得る場合は、その知識の量が増えていく事をアウトプットした時に実感できるでしょう。資格の知識を得る時には、覚えた時よりも、問題集などでアウトプットして見た時に、随分理解が出来ているというふうに感じられるはずです。

しかし、自分自身の知恵のスキル、仕事の成果による周りへの影響力は、自分では理解しにくいものです。いわゆるパーソナルブランディングがどこまで出来ているのかという事は、周りの反応から知る事になるでしょう

周りの接し方が変わると更に謙虚になりましょう

自分が成長して、パーソナルブランディングが確立されていると、自分では変化が感じられていなくても、周りの接し方が変わってきます。

人や仕事の紹介が増えていったり、紹介だけでなく直接仕事の引き合いが来たり、そういった事が無くても単純に褒められる回数が増えたり。

周りの接し方や状況の変化で、自分がどれだけ成長しているのかが分かってきますので、その周りの人のレベルの変化によっても自分の成長速度が分かってくるでしょう。

仕事という観点だけで見ても、最初は頑張って広報活動をしたり、営業をしたりしていたのが、段々と周りの人が広報を手伝ってくれていたり、周りの人の発信によって自動的に広報が出来ていたりするようになります。

営業も、こちらからでは無く、相手から仕事の依頼が来るようになりますから、営業をかける回数が減っていくのです。

謙虚さを無くさない

この様に、周りの状況が変わって人よりも少し優位に立つことによって、謙虚さを失ってしまう人がいます。

謙虚さが無くなると、周りの人の接し方が今度は悪い方へ変化します。それに気が付かないままでいると、気が付いた頃には周りに誰もいなっくなってしまいます。

周りの状況が良い状態になった時こそ、謙虚になるように心がけて下さい。成功している人には、意外にも謙虚な人が多いというのはこういう理由からです。謙虚でないと、繋がりを大切に出来ないのです

逆に成功しているにも関わらず謙虚だと、そのギャップから更に好印象を得られ、協力者が増えてますます成功していくのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加