> 趣味・ライフスタイル > 精神的に強くなる為に必要なこととは?大切にすべき7つの考え方

精神的に強くなる為に必要なこととは?大切にすべき7つの考え方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.04

物事を前向きに捉えられなかったり、精神的に弱いと自覚している人なら「どうすれば、精神的にもタフになれるだろうか」と考えた事があるのではないでしょうか。なかなかポジティブシンキングができないという人でも、ある7つの考え方を持てば、精神的にもポジティブで強くなることが出来ます。

1.100パーセントできなくてもいい

世の中に完璧な人間はいません。なので、仕事や勉強、私生活など100パーセント完璧にこなす必要は全くありません。ほぼ全ての人が100パーセントきちんと実行することは不可能です。

もし、あなたが自分自身を自己採点した結果が、実行率や達成率が50パーセントだとしたら、10パーセントアップの60パーセント位を目指していくだけでも心が軽くなるはずです。まずは、100パーセントではなく自分にとって、プラス10パーセントくらい上を目指す事から始めてみるといいでしょう。

2.成功したことを記録する

どんなに小さなことでも成功したこと記録していきます。ノートでもメモ帳でも手帳でも何でも良いので、どんどん記録していきます。ある程度、「成功したこと」が増えてきたら自然と自身が付いているはずです。精神的に自分は弱いと感じる原因は自身があまり持てていないからです。小さなことから、徐々に自身をつけていくようにしましょう。

3.ネガティブワードを言わない

ネガティブなことを頻繁に言う人は、精神的にも、もろくなりがちになります。反対にポジティブワードをよく口にする人は、思考もポジティブである場合が多い物です。ネガティブワードは控えて、ポジティブで明るい言葉を使うようにしてみましょう。

4.自分を他人と比較しない

自分と他人を比較して、「自分はあいつより出来ない」と思ってしまうとどうしても、精神的に落ち込んだり、ふさぎ込んでしまいます。もちろん、他人と自分の能力を比較するのは決して悪いことではありませんが、過度に比較しすぎるのも問題です。自分は他人とは違うという、ある程度の割り切りは必要です。

5.口癖は「これから上手くいく」

もし、何か失敗してしまったりしても「これからは上手くいく」と自分に言い聞かせるようにしましょう。もちろん、失敗したことを反省することは大事ですし、やるべきです。ただ、反省ばかりして次に活かせなかったら何の意味もありません。

そこで、失敗を次に活かすために「これからは上手くいく」という考え方を持ちます。最初は考え方を頭に定着させるのは難しいと思うので、口癖のように声に出して言うようにしましょう。

6.自分で自分を励ます

自分で自分を励ますというのは、一見バカバカしいと思うかもしれませんが、非常に効果的な方法です。何か落ち込むことがあったら、鏡に向かって自分自身を励ましてみましょう。自分を許すことこそが、一番精神的にも強くなる秘訣です。

7.明るい人と一緒に過ごす

自分の気分がどうしても暗くなりやすいなら、あえて明るい人と一緒に過ごすようにしましょう。明るくて活発な人と一緒に過ごしていたら、自然とあなたも気分が前向きになるはずです。

また、明るい人の多くは悪口や陰口などのネガティブワードは口から出づらいので、あなたの気分が沈んでしまうことはあまりないといえます。明るい人と一緒にすごすようにすれば、精神的にも段々タフになってくるかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加