> 趣味・ライフスタイル > 失敗は成功の母、は大間違い!成功したい人は成功の経験を積むべし

失敗は成功の母、は大間違い!成功したい人は成功の経験を積むべし

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.21

失敗は成功の母、失敗は成功のもとという言葉が古くから日本にはあります。何度チャレンジして失敗しても、その経験自体は自分の成長になるのだから決して無駄になることはないという意味の言葉ですよね。

はっきりと言いましょう。成功する人は失敗を積み重ねている訳ではありません。成功する人は、成功するために専用の経験を積んでいるのです。

何度、何十度、何百度失敗しても成功することはありません。成功するということは、成功するために必要なことしかやっていないということなのです。

では、成功したい人はどのようにして経験を積んでいけば良いのか、それを皆さんにご紹介させていただきたいと思います。

人間は反復練習か閃きでしかスキルを獲得出来ない

成功すると一口に言っても、今いる会社の中で成り上がっていくのか、新しく自分で独立して成功をおさめるのか、社会的な地位ではなく年収アップという形で成功するのか。

仕事はともかく趣味など自分の人生を豊かにするという意味で成功するのか、というのは人それぞれです。

ただし、どんな形の成功を目標としていたとしても、そこに辿りつくためには必ず今の自分以上の何かが必要になってきます。成功するために必要なのが、スキルです。

仕事を上手く効率よく行なうためのスキル、ビジネスチャンスを嗅ぎ分けるスキル、自分の人生を上手くやっていくスキル。これも色々な形のスキルがありますが、その獲得方法というのはたった二つしかありません。

ひたすらに反復練習をして覚え込み、自分の能力としてしまうか、もしくは生まれ持った才能、閃き、これまでに培ってきた経験から導き出した直感で手に入れるかです。

何もせずに成功するために必要なものが手に入るということはありません。そして、そうした成功するための武器というのは、訓練か才能でしか手に入らないのです。

殆どの人は、それほど要領よく手際良く生きている訳ではありません。それは生き方の問題ではなく、単純に人間という動物のスペック上仕方のないことなのです。

何故反復練習が必要なのか

人間は新しいもの、新しいことを自分のもにするまでに膨大な時間を必要とします。スポーツで考えてみると分かりやすいでしょう。

例えば野球。より効率よく、ヒットを生み出し、そして時にはホームランを打つためのバッティングは、時間をかけて反復練習することでしか身につきません。

まれに閃きで新しいバッティングを思いついても、やはり多少は練習しないと使いこなすことは出来ません。

人間の行動というのは、脳内にその行動を行なうための回路が育っていないと熟練することが出来ないのです。この回路を作るには、ひたすら同じ行動を取り続けて脳にこれが最適だと覚えこませるしかありません。

才能がある、天才だという人は脳内に回路が育つまでの時間が他の人に比べて極端に短いというだけのことです。

そうして脳内に回路が出来上がり、動きが熟練することで、初めて試合でヒットやホームランを飛ばす、という成功を収めることが出来るようになります。

失敗が成功の母ではない理由

ここまで来れば勘の良い方は気がつくのではないでしょうか。そう、いくら失敗の方法を積み重ねても、成功に繋がることはないのです。

間違ったバッティング、効率の悪いバッティング、体を壊してしまうような無茶なバッティングをいくら反復練習しても、身につくのはヒットもホームランも飛ばすことの出来ないバッティングだけなのです。

ヒットやホームランを打つ、自分の目的に合わせて成功を収めるためにはボールを上手に打ち返すバッティング練習をしていなければなりません。

むしろ失敗し続けるということはどんどん間違った方法に熟練してしまうということでもあり、成功するというところから遠ざかってしまうのです。

成功するためには、成功経験を積み上げよう

成功するために必要なのは、どんな小さなこと、小さな形でも良いので、成功する経験を積み重ねるということです。

最初はほんの些細なことで構いません。自分の生活を圧迫しない程度に出来る決まりごとを設定して練習してみましょう。

毎朝何時に起きる、朝出社したら大きな声で挨拶するなど、事前に目標を設定し、それを達成していくのです。

どんなに小さな成功体験でも、それを続けていけば成功したという結果が経験となって自分の自信にもなります。

慣れて来たら仕事を誰よりも速く終わらせるなど、自分の成功目標に合わせて少しずつ難易度を上げていきましょう。

時には失敗することもあるでしょうが、重要なのは失敗し続けずに成功経験を積み上げるということです。

無理な目標でなくて良いので、毎日続けていれば少しずつハードルは上がっていきます。一年もやっていれば一年前には出来なかったようなことが楽に出来るようになっています。

そうしてスキルを身につけ成功するのです。成功は成功の母、必要なのは成功経験です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加