> 趣味・ライフスタイル > いぶし銀のトラ・佐野センコウ。掛布をライバルとした男

いぶし銀のトラ・佐野センコウ。掛布をライバルとした男

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.16

掛布と同期入団だった佐野

ミスター・タイガースと呼ばれた掛布雅之。だが掛布はドラフト6位指名の無名選手だったことは有名だ。ところでこの年の、阪神タイガースのドラフト1位選手は誰かご存知だろうか。

答えは佐野仙好である。オールドファンには懐かしい名前で、「センコウ」「佐野のセンちゃん」などと呼ばれ、親しまれていた。だが本当は「仙好」と書いて「ノリヨシ」と読む。

佐野は岡田彰布が成長するまで四番・掛布の後を打つ五番に座ることが多かった。だが、人気チームである阪神の主軸を張っていた割には、オールスター戦出場は1度もなし。主要タイトルを獲ったこともなく、大スターの掛布に対して、佐野はいぶし銀的な存在だった。

思わぬ伏兵・掛布

佐野は中央大学から「東都のスラッガー」として1974年、阪神に鳴り物入りで入団した。ポジションはサード。当時の阪神は若手のサードが育っていなかったから、佐野にとってレギュラーは約束されていたようなものだ。

ところが、思わぬ伏兵が現れた。それが掛布である。「東都のスラッガー」佐野にとって、高校ポッと出でドラフト6位の掛布など歯牙にもかけなかっただろう。しかし4つ年下の掛布は高卒1年目からオープン戦でいきなり大活躍、一軍切符を早々と手に入れた。

2年目、佐野とのサード争いに勝ち、トラのホットコーナーの座を手に入れた。さらに3年目には大ブレイク、打撃十傑の5位に入り、ベストナインにも選ばれて一躍阪神No.1の人気者となった。

サード争いに敗れ、掛布とは完全に差を付けられた佐野だったが、掛布がベストナインを獲得した翌年の77年にレフトとしてようやくレギュラーの座を手に入れた。しかし、このコンバートが大惨事を引き起こすことになる。

野球ルールを変えた男

77年、川崎球場での大洋ホエールズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)戦、レフトを守っていた佐野は、大飛球を捕球したもののフェンスに激突、そのまま動かなくなった。

佐野が倒れている間、走者はタッチアップしてダイヤモンドを駆け巡るが、センターから駆けつけた池辺巌は佐野の状態を見て、走者そっちのけで担架を要請した。

当時の川崎球場にはフェンスにラバーが張っていなくて、コンクリートが剥き出しになっていたために起きた大惨事だ。頭蓋骨陥没骨折という重傷で生命すら危ぶまれたが、佐野はその後見事に復帰、阪神の主軸に成長した。

佐野のファイト溢れるプレーは賞賛されたが、それだけでなく野球ルールすら変えてしまった。インプレーでも事故が起こったときには審判はタイムをかけられるようになり、さらに安全対策として、コンクリートが剥き出しだった当時の各球場のフェンスにはラバーが張られるようになった。そのため、佐野は「野球ルールを変えた男」と呼ばれている。

掛布と共に初めて味わう美酒

85年、阪神はランディ・バース、掛布、岡田というクリーンアップで快進撃を続けた。佐野は、横浜大洋から移籍してきた長崎啓二との併用が多くなった。

勝つか引き分ければ優勝という10月16日、神宮球場でのヤクルト・スワローズ戦。阪神は9回まで2点ビハインドだったが、掛布が1点差に詰め寄るホームランを放った。さらに一死三塁と攻め立て、登場したのは代打・佐野。

佐野は期待に応えてセンターへ犠牲フライを放ち、同点に追い付いた。その後阪神は引き分けに持ち込み、21年ぶりの優勝を決めた。掛布がホームランで佐野が犠飛という、両者らしい打点だ。もちろん試合後、佐野と掛布はお互いにビールをかけあい、優勝の美酒を初めて味わった。

しかし、初の優勝で目標を見失ったのだろうか。掛布はその後、怪我にも見舞われ大した成績を残せずに僅か3年後の88年に引退。佐野もその後を追うように翌89年に引退した。

思えば、ずっと掛布の後を追っていた野球人生だった。レギュラーを獲ったのも掛布の後、打順も四番・掛布の後の五、六番、ポジションもサードの後ろであるレフト、引退まで掛布の1年後だった。掛布より前だったのは、ドラフトの時だけである。

「カケだけには負けたくないと思っていた」と引退時に佐野は言った。一方の掛布は「ライバルと思ったのはセンコウさんだけ」と語っている。

最初に佐野は主要タイトルを獲ったことがない、と書いたが、1つだけ獲った勲章がある。最多勝利打点だ。現在は消滅したタイトルだが、佐野が獲得した81年に制定された。即ち、佐野がセントラル・リーグの初代勝利打点王である。地味だが勝負強さを表すタイトルを最初に獲ったというのが、いかにも佐野らしい。

ちなみに掛布は、このタイトルを獲ったことはない。本塁打王3回、打点王1回の掛布に対し、佐野が唯一獲得したタイトルが、初代勝利打点王ということが2人の関係を象徴していると言えよう。

佐野は現在、阪神のスカウトとして未来の若トラをセンコウ(選考)している。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加