> 趣味・ライフスタイル > 才能のモデルは年齢によって変わる。才能のモデルの特徴とは?

才能のモデルは年齢によって変わる。才能のモデルの特徴とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.03

才能の形を知るために、象徴的なイメージや人に例えることがあり、たとえば「あの人は教師みたいな人だな」とか、教師ではないけど教師のような振舞いをする人はそういうイメージがもたれるかもしれません。こうした他の人が他の人に見えるイメージや人の例えが、その人の才能の象徴的な例えであることがあります。

年齢によって変わる才能のモデル

こうした才能のモデルは誰でも持っているもので、それは小さい頃から育っていく中で色々と変化している人もいるでしょう。小学生の時は家族や友達を笑わせるムードメーカーみたいなキャラクターで、中学校は大人しいキャラクター、高校生はスポーツに打ち込む真面目なスポーツマンという人もいるかもしれません。

また、小学校から中学校までは帰宅部ですぐに家に帰ってゲームばかりしていたインドア派の人も、高校で好きなスポーツに出会って毎日体を動かすようになった人もいるかもしれません。

そのパターンは人それぞれですし、キャラクターも100種類以上あると思いますが、年齢や環境の変化などによってキャラクターが変わる体験をした人も多いのではないでしょうか。

自分はこれをやりたいというある程度の軸は誰でも持っていて、たとえばパソコンの前で作業するのが大好きな人が急に体を使って毎日スポーツする人に変わるわけではないようです。

ただ、そのやり方が違い、ボランティアをしている人でも王様のように優しい人を包むような才能のモデルがある人はそうなるでしょうし、ギャンブラーの才能のモデルがある人は、お金がある時は気前よくなり、お金が無い時は出来るだけ経費をかけないようにボランティアをするかもしれません。

そうなると、「あの人は王様のように優しい」とか「あの人はギャンブラーだから調子が良い時は気前が良いぞ」といった周りの人が才能のモデルをイメージします。

真逆の才能のモデルがある時は?

面白いのが、たとえば人に優しい才能のモデルがある人の中に人に厳しい、いじめる才能のモデルがあったりします。ある人には優しいのに別の人になると顔は笑っているけどひきつっていたり、ほんわかした癒し系の人と接しているとイライラしたり。

ですが、それを悪いことだと思って自分を責めても自信を無くしたり自分は不十分と思ってしまうので、そこも認めて良い方向に使うのはどうでしょうか。

たとえ人をいじめる側面があっても、それだけ自分は馬鹿にされたと敏感に反応する才能があり、それは他人がいじめられているのがすぐに分かるかもしれません。いじめられても周りに迷惑をかけないように一人で無理しているような人にとって、頼れる存在になるかもしれません。

また、普段は資産をコツコツ積み上げるタイプの人が急にギャンブラーのようにお金を使ってしまう真逆に見える才能のモデルがあったとします。そのまま使っていたらいつまでも資産がたまらないかもしれませんが、自分のためにさらに成長に繋がるセミナーや投資にお金をかけるようになれば、より資産を大きく安定して蓄積出来るかもしれません。

こうした真逆に見える才能のモデルも自分のため、もしくは他人のためどちらに使うのかで発揮のされ方が違うようです。

どの才能のモデルをメインにするか?

人それぞれ複数の才能のモデルがあっても、そのうちのどれをメインに活動するか、生活するかによって人生が変わってくるでしょう。

スポーツマンとして、アーティストとして、人の話を聞く人としてなど、全く違うような才能のモデルがあり、建築家をしていれば、アスリートのように動く時もあれば、画家のようにデザインを書きあげる時もあり、お客さんの声を聞く時に人の話を聞く才能が出るかもしれません。

また、女優でも普段はお姫様のようなおしとやかなキャラクターの人でも、役柄によってコメディアンのような才能が出てくるかもしれません。そうして場面場面で出てくる才能の使い方によっては、別々なものを見ていたお客さんや周りの人から別人のように捉えられるかも知れません。

そして、今の自分はこの才能のモデルが出てきているんだというのが分かれば、自分を客観的に見たり工夫もしやすいのではないでしょうか。才能のモデルは世の中の象徴的なイメージ、人が人に「あの人はこういう人だ」と例えで使うような対象が当てはまります。

その種類は100種類以上あるようですが、たとえそれが的確じゃなくてもそれに近い才能があるかもしれません。自分の中にある才能のモデルが分かれば、なぜあの時自分はこうしたのか?といったことや、これからどうすればその才能を活かせるのかなど、過去の謎が解け未来への展望が見えてくるかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加