> 趣味・ライフスタイル > いつまでも才能を発揮しないと才能のエネルギーに振り回される?

いつまでも才能を発揮しないと才能のエネルギーに振り回される?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.12

才能について追求している人が才能の特徴の1つとして発見したことが、才能を発揮しないと才能が持っているエネルギーに振り回されることがあるようです。

それは、才能を発揮している人と発揮していない人を比べると、発揮している人は自分の内側に眠っている才能を十分に発揮しているため、それだけエネルギーを放出しているといえます。ですが、才能を発揮していないとそれだけ才能が眠っているのに放出せず、内側に眠ったままの才能のエネルギーは行き場が分からなくなり、それが自分の感情に影響を与えるようです。

才能のエネルギーの使い道は?

そして、才能は人それぞれ持って生まれた量や質は違っても、内側のエネルギーを使うのか行き場が分からず振り回されるのかでは同じような結果になるようです。

たとえば、1日中歌を歌っていたい人、踊っていたい人、スポーツをしていたい人が家の中で1日中じーっとしていたら、なんか気持ち悪いというか動きたくてイライラしてくるかもしれません。そんな才能があるのにやらないといけない仕事に固定された時間は自分の中に眠るエネルギーを表現出来ないなら、それはエネルギーに振り回されるのは分かるかもしれません。

逆をいえば、才能を発揮してワクワクしている自分がいるなら、才能を発揮しない自分のためにエネルギーを抑えるためにエネルギーを使っている人もいるでしょう。それだけ可能性がある力を自分を抑えるのに使っているので、落ち込んだり大切なことから目をそらそうとしたり、それも自分が気付かないようなレベルで起こります。

イライラしている人はその状態を客観視して調整出来る人は少なく、その状態で自分の気持ち、考え、行動が決まっているようです。ですが、どんな人でも付き合う人が変われば自分の状態が変わるように、それまで自分が感じていたこと、考えていたこと、行動していたことがガラっと変わる体験をしたことはないでしょうか。

恋人といる時、家族といる時、友達といる時、先輩といる時など、それぞれずっと同じ態度、状態の人もいるかもしれませんが、多くの人が違う状態ではないでしょうか。そうして自分の状態を変えることに自分の中のエネルギーを使うので、才能の発揮に使うエネルギーが毎日足りないこともあるでしょう。

コミュニケーションゲームへのエネルギー消費

人と人がコミュニケーションを取る時、それは話していなくても気持ちが揺れ動き、その感情のエネルギーの使い方によってエネルギーの消費が変わってくるようです。人によっては大きくエネルギーを消費し、人といることでどっと疲れたり精神的なダメージを受けたと感じたり、逆に人といるとエネルギーが充電されるような人もいます。

たとえば「この人のためなら何でも出来る!」といったような恋人や友達がいれば、それだけ自分の中から湧いてくるようなエネルギーに触れたことがある人もいるかもしれません。逆に、人と会うとオドオドしてしまい人と会うのが怖いという人、人と会うと競争心が湧いてきてすぐ自慢したり比べようとする人など、人と人が接すると感情的なエネルギーが動きだします。

そのエネルギーを人とのコミュニケーションに使いすぎるのか、才能に使うのかによって人生が変わる人もいるでしょう。なぜなら、それだけ膨大なエネルギーを才能を使うことに1点集中すれば、どんな人でも自分の分野で結果を出すことが出来るでしょう。

そして、今まで人と接する時に使っていたエネルギーも減ることで人との付き合いも変わるでしょうし、才能を発揮して楽しい時間が増えるのではないでしょうか。

才能を見つけるスピードを上げる

それだけ内側に眠っているエネルギーを使って本来の自分を押しこめると、やはりイライラやストレスを感じることにエネルギーが向かうのも何となく分かります。小さい頃のように自然と人と接することが出来ない、やりたいことに対する好奇心が湧いてこないといったことも、自分の中のエネルギーをその自分になるために使っているかもしれません。

一人でいる時はアイディアが湧いてくる人も、過去の経験によって人と会うとオドオドしたりイライラする自分になることでエネルギーを消費しています。また、自分の好奇心が湧いてこないように、湧いてもそれを感じないようにエネルギーを使っていることもあるでしょう。

人と会った時に役割にハマって自由な自分を表現せずにいると、それだけ役割にハマることにエネルギーを使いがちです。それより、相手は何を感じているのか?ということを考え、相手の心の距離を縮めて接することが出来れば、それだけ感情のエネルギーの消費を防ぐことが出来るでしょう。

そして、自分の才能を見つけることにそのエネルギーを使うことが出来れば、全然見つからなかったものでもそれだけ大きなエネルギーを使えば見つかるのも早いのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加