> 趣味・ライフスタイル > 理想と現実のギャップを埋める、今に生きる方法とは?

理想と現実のギャップを埋める、今に生きる方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.02

今、未来、過去。人間は体は今にあっても頭を使うことで未来や過去の想像に時間を使うことが出来ます。心ここに在らずという言葉があるくらい、気付いたら今やっていたことを忘れて昔のことばかり思い出してたり、未来のことをイメージしていることもあると思います。

これはメリットデメリットがあり、バランスが悪いと今に集中出来なくなったり、未来にイメージしていたことが実現しても、実は気分的にそこまで気持ちいいものじゃなかったりします。

「今」に気持ちを感じる

過去や未来をイメージして感情を感じることが出来ます。いつも将来にワクワクしている人もいるかもしれませんが、過去の嫌な思い出を思い出す人もいるかもしれません。ですが、大切なことはどんなに過去や未来をイメージしたとしても、それは「今」していることではないでしょうか。

脳は鮮明にイメージしたことを現実と区別がつかなくなる機能を持っていますが、やはりそれは今していることで、未来に良いことが起こることも大切ですが、今に良いことが起こり続けるのが良いのではないでしょうか。

そう考えると、過去や未来のことに意識が向き過ぎて今を忘れてしまうと、感じられる良い気持ちも中途半端になることがあります。

たとえば、大好きな食べ物を美味しいと感じるのは今ですが、その時に明日のスケジュールのことを考えたり、過去の恋愛のことを思い出したりすると、気付いたら食べ終わって「もう食べちゃったの!?」と自分で疑問を持つことになりかねません。

大好きなことに時間を使うのはどれだけ理想の人生が実現しても変わらないことで、大好きなこと、理想のことが実現したらそれを思う存分感じ尽くすことが大切ではないでしょうか。

行動のブレーキをかけられない人

非効率なことでも「今」に気持ちを味わうことが出来ない人は、行動し続ける機械のような人間になることもあります。ビジネスマンにしても理想のビジネスが出来あがるまで行動し続け、どれだけ辛いことがあっても未来の理想を実現するために必死で行動し続けます。

そしていざ理想のビジネスが出来上がったとしても、その時に感じる短い時間の満足感を感じると、未来をイメージする癖がついてしまった場合、すぐに新しいビジネスを考えたり今のビジネスの満足感を感じることなく、すぐに行動に移そうとすることがあります。

有名な人ほど正しいという考え方は、もちろん1つの指標にはなりますが、その人が行動し続けるタイプで感情を無視する人なら、それを真似しても「今」を楽しめない機械のような人間になりかねません。

有名な著者でも感情のバランスが取れていないところから本を書いたりしている場合は、どこか押しつけがましさを感じたり、言葉では優しく書いていても苦しいイメージが伝わってくることもあります。

有能な人で今の自分の行動にブレーキをかけられない、たとえばずっとビジネスをしていないと不安や無価値感が出てきてそれに耐えられないという人がいれば、それは人生をビジネスにコントロールされている可能性があるかもしれません。

気持ちのアクセルとブレーキ

時速300km以上出るスーパーカーに憧れる人は多いと思います。ですが、その車にブレーキがついていなく、走りだしたら止まることが出来ない車であれば乗りたい人はいないでしょう。

ですが、これは人生にもいえることで、人間の感情はアクセルとブレーキの役割を果たします。簡単な例でいえば、やりたいことをやるのがアクセル、やりたくないことをやめるのがブレーキです。

こういってしまえば簡単ですが、人間には自分でも認識出来ないような感情や信念が複雑に絡み合っているため、時にはビジネスを始めたらアクセル全開で、そのまま止まれずずっと行動し続ける人がいます。

そうした人を周りの人が見ると、その神々しいようなオーラを見てポジティブな人は「凄い」「自分もこうなりたい」と思う反面、ネガティブな人は「偉そう」「自分には出来ない」と思う人もいます。何かに勝とうと必死で頑張っている人や無理やり行動し続ける人は、オーラが出たとしても暑苦しいオーラが出るようです。

逆にアクセルとブレーキの両方を使い分けられて実績が出ている人は、見た目は普通の人で特にオーラが出ている人は少ないようです。

たとえば無価値感を感じないために、自分は価値があると思いこむためにビジネスでもスポーツでも実績を出すために行動し続ける人は、それを達成してもまた無価値感が行動を誘発する原因になるようです。

その原因と向き合わないといつまでも自分を良く見せるために行動し続け、今という気持ちを十分に感じることが出来る状態になれず、機械のような人間になる人もいるようです。

「今」に生きるためには、たとえネガティブな感情であっても感じ尽くし、どんな気持ちも感じ尽くす練習をすることで、今という時間をさらに楽しめるようになるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加