> 趣味・ライフスタイル > 忙しいビジネスマンの味方!短時間で集中して眠る方法

忙しいビジネスマンの味方!短時間で集中して眠る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.29

仕事をする中で定時に上がれることは比較的楽なことではありません。どんな仕事でも残業はつきものです。場合によっては、夜遅くなってしまうこともあるかと思います。そんな時は、次の朝が辛いと感じることはないでしょうか。

一日二日くらいならまだしも、それが連日続くようでしたら精神的にも体力的にも疲れてしまいます。そんな時、短時間で集中して眠ることで、体力を回復できるなら、次の朝も辛くなくなります。

睡眠時間と体力の関係

睡眠時間は、仕事をする人にとってすごく重要な時間です。一般的なビジネスマンの睡眠時間は、およそ5時間になります。しかし、理想的な睡眠時間は7~8時間であることは周知の事実です。

しかし、残業続きの場合、5時間の睡眠時間の確保でさえ、困難になってくるのではないでしょうか。人間は本来、睡眠時間をしっかりととることで、体力を回復できます。それを集中して短時間で眠ることで、体力を回復する方法があります。

短時間睡眠法

短時間で集中して眠るには、欠かせないものが腹式呼吸法です。腹式呼吸を使うことで短時間でも集中して眠ることができ、体力も回復することができます。腹式呼吸をすることで、深い眠りに誘導します。そのようにして意図的に眠るのです。

具体的な方法

まず、普段通りに眠る状態になります。その状態から、仰向けになり、天井を見つめます。軽く目を閉じ、息を吐きます。その時おなかと背中がくっつくくらいになるまで吐き切ります。それを繰り返すことで、いつの間にか眠りに入ります。これで準備OKです。朝起きると身も心もすっきりしています。是非試してみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加