> 趣味・ライフスタイル > 文章を書くことが進まない、ライターズブロックの解消方法!

文章を書くことが進まない、ライターズブロックの解消方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.05

文章を書くのを仕事にしている人は何度かなったことがあるかもしれないライターズブロック。名前の通り文章を書くのがストップしてしまい、先に進みたくても文章が出てこない、考えれば考えるほど頭がフリーズしてしまいます。ですが、同じく本を書いてベストセラーを出している人で全くライターズブロックにならず楽しんで書いている人もいるようです。

書くことと気持ちの関係とは?

小学校なら誰でも作文は書きますが、スラスラ書ける人とう~んと悩んでしまう人と分かれたと思います。ですが、面白いのは人それぞれ得意な分野について文章を書くのはそこまで何を書いていいか分からないことはなくスラスラ書けるのではないでしょうか。

文章を書くのが好きな人でも自分が好きじゃないテーマや自分らしくない話し方で書くとなると、ライターズブロックにかかりやすいようです。紙に書かれた文字を読むだけでも笑ったり怖くなったり、感動したりするのはそれだけ言葉は人の感情に結び付いているといえます。

書く方の気持ちは書くことに密接していて、「良い文章を書かないと」と役割を感じていれば、それだけ自然に書けないのでフリーズするかもしれません。もちろん書きたいことを自由に書いただけで良い文章が書けるとは限りませんが、それだけ自分の気持ちが伝わる文章になりますし、フリーズすることも少ないようです。

悲しい気持ちを十分に表現された悲しい小説、先が分からないハラハラするアクション系の小説、それは書く方もそれだけ気持ちが入らないと細かく書けないかもしれません。

思考より感情の方がパワフルなのは、書くことにも影響がいくようで、中々筆が先に進まない時は自分の感情がどういう動きをしているかを見るとライターズブロックを和らげることが出来るようです。

感情のバランスを意識する

ライターズブロックになりやすい人は、頑張ったり何でも管理したりリラックスすることを忘れがちな人がなりやすいようです。文章を書きたい!と思っている人は頭がフリーズするように見えないのはその通りで、アイディアを出すのに自由な気持ちがないと難しいかもしれません。

アイディアをいついつまでに出すというのは、それだけ脳に要求しているので効果はあるでしょうが、想像力を引き出すことが必要な場合、それが逆に文章が浮かんでこない原因になるかもしれません。

書きたいという自由な気持ち以上に、それまでに書かないといけないという焦りや不安が出てくるので、そちらに気を取られて文章が浮かびづらくなるでしょう。

ベストセラー作家で有名な人の中には、本を書くのは趣味のようなもので散歩している気分で書いているという人もいます。同様に、ずっとベストセラーを書いている著者の多くは自分の書きたいことを自由に書いている人が多く、「ベストセラーにしないといけない」とプレッシャーを感じて書いている人はいないようです。

これは書くことだけじゃなくスポーツでも仕事でも同じことで、感情が思考、行動に影響をもたらすので、緊張している時にパフォーマンスが発揮出来ません。「これやりたい!」と思うことを自由にやっている時、人は夢中に時間を忘れてやり続けることができ、それだけクオリティの高いパフォーマンスが発揮されるようです。

結果に固執し過ぎない

完璧さとはあるようでないようなもので、自分が完璧なものを作ったと思っても周りの人からすればそう思わないかもしれません。また、完璧だと思っても別な部分が気になったり、こだわりを持つことは大切ですがそれを「やらないといけない」役割から行動するなら、それはこだわりより不安で行動しているといえます。

どれだけ内容の深い文章を書いても難しくて読めないという人もいれば、内容が浅くて読みやすい文章を書いても内容が薄いという人もいます。なので、周りの人の意見を全て取り入れようとしたら自分らしさが分からなくなるので、周りの人に伝わる文章を書きながらも自分らしさは一貫していれば、その自由さが多くの人を惹きつけるようです。

また、ベストセラー作家の中には夢中になって情熱を込めて書いた後は結果は神様に任せるという人もいて、その気楽さが読む人にも変なプレッシャーを与えないようです。

インターネット上でも内容があまりなくても面白い動画や文章が多くの人から支持されるように、堅苦しい専門用語を突き詰めるより、そこに強いエネルギーが入っていないリラックスさが混ざっているものは、何冊も読まれる本でもあるようです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加