> 趣味・ライフスタイル > 朝活するならプロ並みのシェービングをやって気分爽快に!

朝活するならプロ並みのシェービングをやって気分爽快に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.09

髪をカットしてもらった。剃刀を当てて髭を剃ってもらった。カットの間は眠ってしまっていたが、髭を剃ってもらっている間は起きていた。その間、シェービングについて教えていただいた。

よしっ。明日から朝活しよう。今日は早く寝て明日から早起きだ。出勤前にファーストフード店へ寄ってモーニングを食べながら読書をしよう。早く出勤したら仕事の準備をしよう。朝早く起きて有意義な一日にしよう。一大決心をして目覚まし時計で早起きをした。

早起きしたが眠い。まだ頭が半分眠っている。まだ出勤まで30分以上ある。もう一度ベッドに潜り込みたい。そんな時、冷たい水で洗顔をしてきちんとシェービングをして気分を変えてみると良いだろう。

朝のシェービングが良い理由

髭は朝6時~10時の間によく伸びる。昼は殆ど伸びないが夜10時頃に少し伸びる。季節的には、秋から春にかけてはあまり伸びないが、春を超え夏から秋にかけてよく伸びる。一番よく伸びるのは9月で、一番伸びないのが2月だ。良く伸びる時間だからシェービングをやるなら朝が良いが、寝起きでは止めた方が良い。肌に潤いがないからだ。

健康な体の髭や肌は色つやが良い

髭が1ミリ伸びるには3日程度かかり、体調は関係がある。健康な肌の髭は、色つやが良く、よく伸びる。逆に体調を崩したり、不規則な生活をしていると髭の伸びは悪く肌もカサカサになりがちだ。髭を見ると体調が一目瞭然だ。

① 洗顔する

最初はきちんと洗顔をする。いきなり剃刀を当てると肌が荒れてしまうだけでなく、濡れた髭は1.5倍程度長くなるので剃りやすい。剃刀が肌の上を滑りやすくなるのでシェービングがしやすくなる。

② シービングクリームを塗る

髭の上で円を描くように泡立てたクリームを塗る。毛穴の奥の汚れを掻き出し、毛穴の奥まで水分を浸透させる。クリームを十分につけておくと深剃りしても髭の周りが荒れなくて済む。クリームを塗る事で肌のマッサージにもなる。

③ 順剃りから始める

力任せに剃るのでなく、自然な力で順剃りをする。場所によっては逆剃りをしなければならない場所もあるだろうが、できるだけ順剃りで剃っていく。逆剃りは髭や肌を強く引っ張り、カミソリ負けを起こして肌を痛める。剃っている間は、肌にダメージを与えないように気を付けながら剃る。

④ もう一度洗顔をする

剃った後、タオルで顔をぬぐう人を見かけるが、NGだ。衛生的でない上に、クリームが残っていると肌荒れになったりするからだ。面倒でも、もう一度きちんと洗顔をして顔を濯ぐ。

⑤ スキンケアをする

シェービングは髭を剃って顔を洗って終わりではない。肝心な事がケアをしておく事だ。剃刀を使った後は、肌の表面の脂分も削り取られ、僅少なキズがついていたりする。肌を引締め、栄養を与えておく事が大事だ。顔を洗った後は、必ずスキンクリームを塗っておく。

朝、きちんとシェービングをして颯爽と出勤すると、一日が有意義に過ごせそうな気になる。気分の問題だが、さっぱりとした気分で臨むからだろう。気分よく仕事をするためにも、有意義な朝活のためにも、早く起きたら5分の時間を作ってやってみる事をお奨めする。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加