> 趣味・ライフスタイル > 今から準備を!脳疾患を防ぐための重要な予防のポイント

今から準備を!脳疾患を防ぐための重要な予防のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.12.29

ストレスとハードワークがたたって発症しやすいと言われている脳疾患。「自分だけは大丈夫!」と思っていても、人生何が起こるかは誰にもわかりません。

ただしかし、前もって予防策をとっておくことは誰にでもできることです。今回は脳疾患を事前に防ぐためのチェックポイントを探ってみたいと思います。

脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血などの脳の病気は、主に血液と血管の関係が影響しています。そして脳血管障害の中でも突然発症し、意識障害や麻痺、失語症などの症状を伴うものが「脳卒中」です。

1.危険因子喫煙を抑える

一番はやはり生活習慣の中にある危険なリスクを少なくしていくことが大切です。とてもよく知られているのが喫煙の習慣です。

喫煙は、脳疾患にとても大きなリスクをもたらすことが知られています。急な禁煙は難しいかもしれませんが、周囲の協力などを得て本数を少なくしていきましょう。

2.食生活を見直してみる

そして次に大きな要因となりやすいのが毎日の食事です。特に、血流を良くするような食事や低脂肪、低食塩、高タンパクの食事を心がけましょう。

ジャンクフードや外食の積み重ねはもちろんNGです。飲酒と深夜の食事もなるべく避けるようにしましょう。他の様々な病気を防ぐことにも繋がりますから、食事はしっかりコントロールしたいものです。

3.酒粕の効果

酒粕の酵母には、血管を柔らかくする効果があるといわれています。酒粕に含まれる成分が血液中に存在する「血栓を溶かす成分」と一体化する作用を促進するからです。

ポイントは加熱せず生で食べることです。実は酒粕の酵母は加熱(40度以上)すると死滅するという特性があるからです。

4.玉葱の効果

玉葱には血小板の凝集を予防する成分が含まれています。食べるときには、一度空気に触れさせると「チオスルフィネート」という成分が多く生成されるのでより効果を発揮します。

これは血栓を溶かす効果のある成分なのです。切ってから30分程度置いておくと良いでしょう。

5.ポリフェノールを摂取する

ポリフェノールの抗酸化作用は脳梗塞予防に良いとされています。代表的なものは赤ワインです。

他にも緑茶、ゴマ、大豆、りんご、ブルーベリー、プルーン、イチゴ、チョコレート、ココアなどがポリフェノールが多く含まれる成分として知られています。ナッツ類と合わせて摂取するとより効果が上がります。

6.ストレスの解消と人間関係

脳梗塞などの疾患とストレスには、深い関係にあります。強いストレスがかかったままでは自律神経に支障をきたし、血圧や脈拍を上げることに繋がります。

心拍数、血糖値が上がると血管の壁が脆くなり脳梗塞の原因になります。ストレスの溜めすぎには注意が必要です。

7.適度な運動と睡眠

脳卒中などの予防に運動を推進する動きがあります。普段から運動をしている人としていない人とでは、血管の太さがまったく違ってくるのです。ですから運動不足の人は血管の病気になりやすいのです。

運動をすることで、血管が柔軟になり血流も活発化することになります。また、適度な睡眠もまた脳に良い影響を及ぼすのでしっかりと睡眠時間を確保しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加