> 趣味・ライフスタイル > 元気を生み出す事で、状況を好転させる裏技

元気を生み出す事で、状況を好転させる裏技

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.03

元気があればなんでも出来るー!なんて言っている偉大な格闘家がいますが、これはかなり核心をついており、元気というのはエネルギーの源であり、これがないと逆に言えば何も出来ないという状態に陥ります。

なので今日は、元気を生み出す事で、状況を好転させる裏技にいついてお話しようかなと思います。どうぞ最後までおつきあいいただき、元気いっぱいの人生を歩まれてください。それでははじめようと思います。

元気とはどのような状態をさすのか

わたしが思う元気な状態というのは、プラスのエネルギーが体中に満ちあふれている状態の人をさします。これは表面的に見ると、ただ体力馬鹿とかお気楽な人間のように見えるかもしれませんが、実際はかなりの努力とタフな精神の上に成り立つ、非常に優れた健康状態だと言えるでしょう。

わたしは感受性が強く、繊細なので、イヤな事があるとすぐに落ち込んでしまい、立ち直るまでに時間がかかります。この落ち込んでいる間は、どれだけ嬉しい事があっても、よほどの事で無い限りは、その喜びを台無しにしてしまうほど落ち込んでしまうところがあるようです。

これは改善しないといけないのは分かっているのですが、どうしても出来ないため、落ち込んでいる時は、人と関わらないようにしたり、無理に笑顔を作ってその場をしのいでいる感じです。

そうこうして時間がたって行くと、そのうちになんとか抜け出せるようになり、元気を取り戻して行くのがわたしのパターンですね。

なので、元気というのは心身共に健全な状態の事を指すのだとわたしは考えています。この状態を保ち続けるには、常日頃の健康管理や、ポジティブな思考を保つ訓練、冷静な解釈など、かなりの鍛錬が必要となります。

なので、あいつは天然だななどと思うのではなく、影で相当の努力をしていると考えるべきでしょうね。

元気を作り出す生き方を会得する

元気は、訓練で作り出す事が出来ます。とゆうのも、元気というのは、プラス思考から生まれるエネルギーの源の事なので、プラス思考を保てる技術を身につける事が出来れば、元気を作り出す事は可能になります。

実際に、プラス思考を保つというのはどうゆう事をすればいいのかですが、環境や他人に振り回される事なく、自分が柔軟に変化していく事をさします。

そうゆう生きたかを続けて行けば、水のように形のない、やわからな人格のフォルムが出来上がります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加