> 趣味・ライフスタイル > あなたの縄張りとは?誰もが持つパーソナルスペースについて!

あなたの縄張りとは?誰もが持つパーソナルスペースについて!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.06

人は、自分の縄張りの様なパーソナルスペースを持っています。他人が入ってきてほしくない心理的な空間です。パーソナルスペースの存在を知って相手との良好な人間関係を築きましょう。

人が相手に好意を持つには

相手に好感を持ってもらうにはいくつかの方法があります。そのうちの一つにパーソナルスペースに入るという方法があります。このパーソナルスペースという言葉、耳にされた事がありますでしょうか?パーソナルスペースとは自分自身の心理的なスペースの事で、その中には他人に入られたく無いというスペースの事です。

そのスペースに強引に入られると不快になるのですが、自然に入られた場合は、入って来た相手に対して好感を持つというスペースです。その大きさは0.6メートルから1.5メートルで、楕円形になっているのが一般的な考えです。

しかし、その相手との親しさの度合いによってはその大きさは変化します。では、このパーソナルスペースにそれとなく入るにはどうすればいいのでしょうか?

パーソナルスペースに入る方法

パーソナルスペースに入ると好感度が上がると書きましたが、先ほども申した通り、基本的には相手にとっては入られたくない自分の大切な縄張りですから、強引に入ると逆に嫌われてしまいます。

ですから、それとなく入るか、入らざるを得ない状況を作り出さなくてはなりません。では、相手のパーソナルスペースへ自然に入るというのはどういう状況の時なのでしょうか?

例えば車に同乗する時はパーソナルスペースに入る事が出来ます。運転席と助手席はよっぽど大きな車であれば話は別ですが、一般的なパーソナルスペース内の距離です。更に密室で同じ空間を共有しているという意識も働きます。相手との目的地を設定する時に、車でしか行けない場所を設定するのはいいかも知れません。

電車も隣同士のシートであればパーソナルスペースに入れますが、パーソナルスペースに対する意識が強い人は、あえて自分だけ立っていたり、他の席が空いた場合に遠くのシートに座る人もいますので、車の方がよりお勧めと言えます。

他にも、飲みに行く時にはカウンターで隣同士に座るような所だと、自然とパーソナルスペースの中に入る事が出来ます。更に、お酒の席では自分自身の情報を開示しやすくなります。自分の情報を提供すると、それを受けた側は相手に対して親密な気持ちが上がる様になっていますので、更に好感度が上がりやすくなります。

実は他にも好感度を上げる方法があります。心理学で単純接触の法則というのがありますので、併用すると更に効果的です。

単純接触の法則とは

人は接触回数が多くなるほど好感度を持ちやすいという法則があります。それを単純接触の法則と言います。例えば、一か月に一回だけ会う人よりも、毎週会う人に対して好感度が上がりやすいですし、一週間に一回だけ会う人よりも、一週間に三回会う方が好感度が上がります。

ですので、営業マンは訪問回数を増やして信頼関係を築いていく方が、訪問回数が少ないよりも成果が出やすいのです。そして、これは実際に会う事だけで無く、メールでの接触回数や、電話での回数も含まれます。ですから、会えない日にはメールをしたり、電話をしたりする事は効果があります。

最近はフェイスブックの様なソーシャルメディアが発達していますから、例え一年の間会わなかった相手にも、日々の投稿を見ている事で親しみがある状態で再開する事も出来ます。この様に、相手との接点を増やして好感度を上げるというテクニックを知っておいて下さい。

それぞれのテクニックの併用

パーソナルスペースについての紹介をさせて頂きましたが、先ほども申しました様に、一つのテクニックだけでなく、併用する事がお勧めです。そんな併用テクニックを具体的に紹介しますと、例えば意中の相手がいた場合、日ごろからメールなどを繰り返しておいて下さい。

メールも数が勝負ですが、一方的になってしまっては逆効果です。ちゃんと相手に配慮をしながらメールしましょう。この時のポイントは、長い一回のメールよりも、短い複数のメールの方が効果があります。

そして、会う回数も可能な限り増やします。同じく一回に会う時間が長くて次回また久しぶりに会うよりも、一回に会う時間は短くても会う回数が多い方が効果があります。

そして、会った時には自分のプライベートな情報を開示して下さい。自己開示をすると好感を持ってもらえますし、相手も自己開示を返したくなるという法則もあります。

そして、会う時は相手のパーソナルスペースに入る事を意識して下さい。後はこれを繰り返す事で、相手のあなたに対する好感度は上がるでしょう。ただ、気を付けないといけないのは、不自然になってしまうと逆効果であるという事です。本来パーソナルスペースは入られたく無い場所なんだという事は忘れないで下さいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加