> 趣味・ライフスタイル > 食べ過ぎ注意!改めて知るべき食品に含まれる老化を早める成分

食べ過ぎ注意!改めて知るべき食品に含まれる老化を早める成分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.12.27

最新の研究で明らかになった、食品に含まれる成分が老化を促進するという話です。

原因は「高リン酸」

ある日本の研究室が、「高リン酸」が老化を促進することを報告しまとめた。その内容はハーバード大学の学内誌で紹介され、アメリカのメディアでも話題になったそうです。

ではその老化を促進する「高リン酸」とはいったいなんでしょうか?そのためにはまず「リン」という栄養成分から説明しなくてはなりません。

リンは砂糖や塩とは違って味がないのです。なので、リンをどれだけ摂取したのか人は自覚できないそうなのです。そのような理由で私たち現代人は、無意識にリンを過剰摂取しています。

カルシウムとリンの関係

「カルシウム」は骨や丈夫な身体をつくるのに役立っていることは皆さんご存知ですよね。きっと一度は聞いたことがあると思います。しかしリンについてはそれほど聞かれないと思います。

実はリンというのは、カルシウムの次に多く体内に存在する“ミネラル成分”で、私たちにとって重要な役割を果たしてくれています。リンの約8割がカルシウムと結合して骨や歯の成分となっているのです。

残ったリンも、細胞膜やDNAといった構成成分となり、すべでの細胞に存在しています。ですから、リンの不足は「骨軟化症」「歯周病」や「筋肉低下」などを引き起こすとても重要な成分といえます。

リンは過剰摂取になりがちな成分

しかし、問題は不足ではなく“過剰摂取”なのです。実はリンはとても多くの種類の食品に含まれているので、不足することは、ほとんどまれといわれているのです。

どんなに大切な栄養分でも、摂取量が一定のラインを越えると、身体に不具合を引き起こします。

リンの種類

リンには2種類のリンがあります。植物性、動物性タンパク質と結合している「有機リン」と、食品添加物として加工食品、ファストフード、インスタント食品などに含まれている「無機リン酸」です。タンパク質とは結合していません。

調味料、清涼飲料水、お菓子などにも多く含まれています。ハムやソーセージなどの食肉製品には、保存性、色や風味をよくするために、ラーメンやインスタント麺などにはコシや色調をよくするためにリン酸塩が使われています。

成人の1日あたりに必用なリン摂取量は約1000mgなのですが、有機リンを含んだタンパク質を摂取すれば必要摂取量のリンは摂取できているのです。

しかし最近は、無機リン酸の摂取が増加が見られ、過剰摂取となっています。食品添加物は、条件によって表示義務がないため、私たちはリン摂取量が正確には分からないようになっています。

吸収効率の違い

リンは、体内の小腸で吸収されます。しかし有機リンと無機リン酸には吸収効率に違いがあります。「植物性有機リン」の吸収率は20~50%、「動物性有機リン」の吸収率は40~60%、そして「無機リン酸」は100%吸収されます。

2009年の国民健康栄養調査では、日本人リン摂取量は、男性は平均1043mg、女性は平均908mgと報告されていますが、この調査では食品添加物のリンの量は加算されていません。ですから実際のリン摂取量はこれよりはるかに多いのです。

リンを過剰摂取するとどうなるのか

リンを過剰に摂取すると、高リン酸がカルシウムの吸収を「阻害」し、骨からカルシウムを流出させてしまうのです。その結果、骨密度の低下、骨粗鬆症の原因になることが考えられています。

テキサス大学の黒尾誠教授と京都大学鍋島陽一名誉教授が発見したKlotho遺伝子は、「抗老化遺伝子」として注目されているのですが、その研究で中でのKlotho遺伝子を欠損したマウスは、血清のリン酸値が非常に高いという事実がありました。

このマウス非常に短命であり、皮膚や筋肉の萎縮、肺気腫、骨異常、大動脈や全身の石灰化など、様々な早発性老化現象が見られていたのです。

ところが、このマウスに遺伝子操作や食事療法を行ってリン酸値を正常化させた結果、このマウスの早期老化の症状がほとんど改善したのです。つまり、リンの過剰摂取が老化を促進しているという結論に至ったのです。

それだけではありません。末期腎不全では、血清リン酸値の上昇に伴い心血管疾患発症リスクの増大も報告されています。最近では腎臓病患者だけでなく健常者においても、血清リン酸の濃度と心血管疾患発症のリスク関係が報告されているのです。

過剰摂取を控えよう

忙しい現代にあっては、ついつい便利なファーストフードや加工食品に食事を頼ってしまいがちな私たちです。

しかしなるべく自然の素材を使って食事をつくり、リンの過剰摂取に気をつけるということも、今後必要になってくるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加