> 趣味・ライフスタイル > 大人の落ち着きを手に入れるには、アングラ分野を進んで知る

大人の落ち着きを手に入れるには、アングラ分野を進んで知る

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.27

落ち着きはとても大事です

新社会人として会社に初めて入った頃、それまで体感した事の無い、社会と言うフィールドに、様々な驚きと発見があった事でしょう。

些細な事に驚き、些細な事に感動し、些細な事にショックを受ける。多感な二十代前半ともなると、それはなおさらでしょう。

ですが、いつまでもそんな状態でいる訳にも行きません。出来る上司にふと目をやれば、何事にも動じない落ち着きある振る舞いが、とてもカッコよく見えるはずです。

出来る大人の男も、カッコいい大人の男も、必ず持ち合わせているのが、この落ち着きです。ある程度の年齢に達し始めたら、あなたも少し意識するようにしておきましょう。

落ち着きとは一体

人は初めて見るものや、それまでの経験に無い状況、理解しがたい状況が目の前で起こると、年齢関わらず、酷く驚いたり、動揺したりするものです。

感受性や感情が豊かなのはとても良い事なのですが、手本となるべき若手の前などでは、そうなると見っとも無いですね。

落ち着きとは、こう言った動揺がいかなる状況でも抑えられ、かつ、守るべき、育てるべき人のそれを気遣ってあげられるほどの余裕であると言えます。こうした気遣いが出来る人は、仕事でも、また男女の場においても、何かと上手く行きます。

不意な場面で動揺を抑えるには

とは言え、動揺だなんて、基本的には自分でコントロールの出来るものではなく、本能のものです。一体どうやって意のままに抑えれば良いのでしょう。

そこで目を向けて欲しいのが、アングラ系のニュースや雑誌などです。そこには、誰もが目を背けたくなるニュースや写真なども生々しく掲載されている事が少なくありません。

不快な気持ちにも大いになってしまうかもしれませんが、最初は少しずつでも良いので、そう言った物に、時折目を通すようにしましょう。

最悪な状況に慣れる

すると、日常生活におけるちょっとした事件や驚きなどが、随分小さいものに感じられてくるでしょう。

何故なら、日本中、または世界中のアンダーグラウンドな世界で起こっている最悪な状況に慣れてしまって、身近で起こりうる事などには微動だにしない精神が備わったからです。

起こりうる状況以上の最悪な状況を情報として日常的に取り入れる事で、ある意味、目が肥えたのです。

汚い物も受け入れる

そんなアングラニュースの中には、食欲を失う様な汚い描写だって少なくない事でしょう。ですが、それらもまた、現実に世界のどこかであり得るのだと理解出来れば、どんな状況にだって平静を保っていられ、また動揺してしまう部下や若手を気を遣う事が出来ます。

まさに、冒頭で紹介した、落ち着きのある「出来る男」の例ですね。毒をもって、自分の中の””臆病””と言う毒を制すのです。ワンランク上の大人の男、アングラ分野と言う情報を使って、目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加