> 趣味・ライフスタイル > 肉は身体に悪い!?20代から始める正しい大人の食習慣!

肉は身体に悪い!?20代から始める正しい大人の食習慣!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.13

肉は身体に悪いのでしょうか?

お肉の摂り過ぎは良くないと言いますが、肉はなぜ身体に悪いのでしょうか?正確に言うと肉には私たちの身体に大切な栄養素がたくさん含まれています。例えばアミノ酸であったり、鉄分などのミネラルであったりと、身体を作るのに大切な栄養素が多く含まれています。

しかし、それと同時に大量のカロリーも含まれており、脂質やタンパク質がもの凄く含まれているのです。大人の身体にとって高カロリーな食事はメタボリックを促すだけではなく、身体に大きな負担をかけてしまいます。そのため、肉の摂り過ぎは身体に良くないとされているのです。

そして、言ってしまえば、これらのミネラルやアミノ酸という栄養素は動物の肉以外からも補う事ができてしまいます。肉よりもヘルシーな食べ物からこれらの栄養素を補ってしまえるため、正直言うと肉を摂る必要はないのです。

しかし、成長期の子供などにとっては肉体の形成にこの動物の肉というのは非常に欠かせない栄養素となります。成長期を過ぎた20代からの身体にはより大人の身体にあった食事を摂っていく必要があるのです。

必須栄養素とは?

アミノ酸やミネラルの話が出てきたのでついでに説明していきますが、私たちの身体には必ず必要な栄養素が何種類もあります。その栄養素の事を必須栄養素といい、私たちの身体で直接作り出す事のできない計46種類もの栄養素の事を指します。

これは大人であろうと子供であろうと必要な事に変わりはありません。逆に言えばこれら46種類の必須栄養素さえしっかりと摂っておけば、あとは食べ物を食べなくてもいいのです。

魚を中心とした肉に切り替える

それでは、成長期を終えた大人がこれからどのような食事を摂っていけば健康に一番良いのかを考えていきましょう。まずは、やはり魚介類です。肉は肉でも動物の肉ではなく魚のお肉を中心とした食事に切り替えていくといいでしょう。動物肉よりも低カロリーでミネラルやアミノ酸などの豊富な栄養素が得られます。

さらに、魚の特にサンマやマグロなどに含まれているDHAは非常に身体にいいですし、血液をサラサラにしてくれますから、大人の身体には動物の肉よりも魚介類中心の食事がベストです。私たち人間は雑食ですから動物に魚に植物にと何でも食べます。しかし、本来自然界において雑食と言えどもこれだけ多くの食べ物を食べる動物はいません。

多くの食べ物を食べるようになったのは大きな身体と大きな脳みそを正常に働かせていくための事ですが、それでも感情がある人間では好き嫌いが生まれました。これからは、自分の好きなものとそうでないものではなく、人間の身体にとって何が一番最適なのかを考えて食べていくべきです。

野菜や海草を多く摂る

魚の肉を中心として、他には野菜や海草類を中心に食事を摂っていく事でヘルシーで身体に負担が少なく、それでいて必要な栄養素を効率的に摂る事ができます。野菜にはビタミン類が豊富です。特に果物にはビタミンやミネラル、水分が豊富で、抗酸化作用の強い食べ物などでは老化を防止してくれます。

海草類はやはりミネラル分が豊富ですから、こうした野菜や海草、果物などを多く摂り、動物のお肉は全く摂ってはいけないというわけではありませんが、なるべく中心はこうした魚介や野菜にして、肉は味付けや油を多くしすぎず、週に1回くらいの頻度で摂るといいのではないでしょうか。

また、必須栄養素の中には炭水化物が含まれていません。炭水化物はパンや米などのように私たちの主食となっており、私たちがもっともエネルギーを効率的に取り入れる事ができる栄養素ですが、なぜ必須栄養素ではないのでしょうか?

炭水化物はエネルギーに効率よく変換する事ができますが、体内で炭水化物が不足しても脂肪を分解してエネルギーに変える事ができるため、必須栄養素とはなっていません。炭水化物を多く食べると太りますし、ダイエットをされている方は必須栄養素を意識して炭水化物を減らすといいと思います。

サプリメント

必須栄養素のお話をして、魚介中心の食事について説明してきました。しかし、やはり人間ですからそうそう健康にいいとわかっていても面倒で口にしなかったり、時間がなくて買い食いで済ませてしまったりと、色々な条件があるでしょう。現代において非常に便利に栄養摂取ができる方法はサプリメントという選択肢もあります。

もし、どうしても時間がなくて自炊ができなかったり、不規則な食生活になってしまう場合は、サプリメントを併用して健康的に栄養素を摂取するという方法もあります。

また将来的には、こうした必要な栄養素が全て摂れる特殊な食べ物が私たちの主食に取って代わるのではないかと考えています。人工の味付け技術が発達していって、例えば魚のすり身などを原料にした素材でステーキそっくりな料理を合成したり、様々な料理を合成して何を食べてもちゃんと栄養素が取れる時代が来るのではないでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加