> 趣味・ライフスタイル > 他人を明るくする人はどんな人?押し売りにならない元気づけ方

他人を明るくする人はどんな人?押し売りにならない元気づけ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.25

人を元気に出来る人はどんな人でしょうか?誰かが落ち込んでいる時に、望まれてもないアドバイスなどで元気の押し売りをしてはいけません。人を元気づけられる人になりましょう。

自己満足にならないように気をつける

誰かが落ち込んでいる時に、相手を元気づけようとして、相手のためを思ったアドバイスをする人がいらっしゃいます。

とても優しい人なのでしょうが、相手にとってはより一層の苦痛の時間でしかありません。

求めてもいないアドバイスはただでさえ忍耐を持って聞かなければならないのに、それを落ち込んでいる時にされるのはたまったものではありません。

アドバイスは求められた時だけするようにして、先ずはそっとしておくことが重要です。

そして、もしもアドバイスを求められたとしても、一方的に長い話をしたり、解決策をロジカルに答えて、それを行動に移すように促すことは無意味です。

落ち込んでいる時にアドバイスを求めた人の心理状態は、ただ話を聞いて欲しいだけということが多いのです。

特に女性の場合はその傾向が強いのです。

アドバイスをして自分が満足しても、落ち込んでいる人の力にはなっていません。いかに相手の気持ちを和らげてあげるか、その後についてくる行動に対しての意欲が出てくるように、一旦の休息を与えてあげられるのかが、アドバイスを求められた人の腕の見せ所です。

傾聴をする

男性は問題解決を望む脳の構造になっていますが、女性は話をする行為自体に意味合いを持つという脳の構造になっています。

ですから、相手が女性の場合は特に話を聞いてあげるということを重視しましょう。

デリカシーに気をつけながらヒアリングをして、傾聴をすることが大切です。

相手が男性の場合は、問題解決を示す方が効果的です。しかし、問題解決をするためには、その問題を浮き彫りにするために、やはり傾聴が必要なのです。

そして、自分の意見をふんだんに取り入れたアドバイスをするよりも、本人自身が解決策を見つけやすい質問を投げかけてあげることが重要です。

「どんな問題があるの?」「どうしてそうなったの?」「どうすればよかったの?」「じゃあどうするべきだと思うの?」「具体的にどう行動するの?」

というふうに、相手に考えさせる質問をして、本人の中から答えを導きだせるようにしましょう。

聞き上手になることが、相談上手になることでもあります。そして、本人に答えを出させることがもっとも重要で、実は何もアドバイスをせずにアドバイスをしたように思わせることが、一番相手にとって嬉しいアドバイスの方法なのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加