> 趣味・ライフスタイル > 一日たった5分で部屋を超整理できるテクニック

一日たった5分で部屋を超整理できるテクニック

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.12.29

気がつけば部屋がグチャグチャ・・。「でも忙しくて掃除や部屋の整理している時間なんてないよ!」とお嘆きのあなたに!一日たった5分使うだけで、部屋がスッキリするテクニックをご紹介します。

1.計画を立てる

まずは計画を立てます。部屋の整理は通常、数時間から丸一日かけてやってしまうのが普通ですが、ここでは全てを5分単位に区切って作業を行います。

「そんなのやりにくいよ!」と考えるのは早計です。あなたは毎日歯を磨いているはずです。歯磨きだって口の中をキレイに保つ重要な作業でありながら、一日に5分から10分しか使っていない人が大半なのです。

2.5分を続けることで莫大な効果が得られる

5分といっても一ヶ月続けたら150分になります。この2時間半が長く感じるか短く感じるかは人それぞれですが、一日で整理しなければならないとしたら、2~3日まるまる費やしてしまう人もいるでしょう。

しかしこの5分単位の整理術ならば、日々の生活の一部として、大きな予定をあけることなく行うことができるのです。

3.その日ごとに整理する区画を決めてしまう

通常整理や掃除となると、ものの種類ごとにやりたくなってしまうものですが、今回は1m×1mの区画に絞ってその場所を整理します。他の場所には絶対に手をつけません。ここがポイントです。

掃除や整理というのはやり始めると続けてしまいたくなる誘惑に駆られるものですが、そこをぐっとこらえるのです。

4.日々のゴミ捨ての中に不要なものを入れる

この整理術のメリットのひとつに「大量のゴミが一度に出ることがない」というのがあります。一日で一区画しか整理しないので、ゴミの量も少ないのです。これなら週に数回のゴミの日に、家庭ごみと一緒に収集してもらえます。

5.整理した区画に絶対ものを置かない

これはすごく大切なことです。当たり前のことですが実はこれが難しいことで、物を乱雑に置くことが習慣になっている人ほど部屋が散らかりやすいので、片付けることそのものよりも、せっかく整理してキレイにした区画に物を絶対に置かないように注意することです。

「今だけちょっと置いておこう」というのがよく失敗するパターンです。

6.わからなければ聞く、迷ったら捨てる、人にプレゼントする

「どんな捨て方をしたらいいかわからない!」というときは人に聞く、「使うかもしれないしなぁ・・」というときは殆ど使うことがないので捨てる、「いらないけどまだ使えるからもったいないなー」というときは人にあげる、ということを実践しましょう。

モヤモヤしている時間、というのが整理に一番不要な時間と言われています。

7.最後に

片付けることは大切ですが、よく言われるようにそれを維持することも大切です。整理整頓は、まさに日々の心持次第といってもいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加