> 趣味・ライフスタイル > 年末は部屋の大掃除!一年の終わりには不要なものを捨ててしまおう!

年末は部屋の大掃除!一年の終わりには不要なものを捨ててしまおう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.26

気温もぐっと低くなり、肌寒いとはもう言えない季節になってきましたね。毎日忙しく働いていらっしゃるビジネスマンの皆さんにとって、気がつけば自宅の中に荷物が満載になっているシーズンです。

普通に生活していれば、よほど倹約をしていない限り、そして日頃から熱心に掃除をしていない限り、独身男性の自宅というのは大抵汚れているものです。

何かきっかけでもないと掃除も余りしない、という方も多いのではないでしょうか。平日は忙しく、何とか食器を片付ける程度で限界。休みの日は洗濯機を回し、洗濯物を干すくらいで後は仕事の疲れを取るためにのんびりしたい。

独身男性にとって、自宅が汚い、荷物でごちゃごちゃとしているというのは、大したストレス要因にはならないのも原因です。別に部屋が汚くても誰も来ないし困りはしない。来客があればと考えている内に年末になってしまった。

日本の年末には大掃除という文化があります。一年の生活で溜まった汚れや穢れを綺麗にしてしまい、新鮮な気持ちで新年を迎えるために行う風習です。

折角のきっかけですから、年末は部屋の大掃除をしてしまいましょう。

大掃除をするメリット

新年も自宅にいるのだから、ギリギリまで仕事をしているのだから掃除なんて面倒くさい、と言わないでください。

基本的にですが、汚い部屋に住んでいるメリットなんてありません。部屋が汚くて病気に強くなることはありませんし、部屋が汚いけれどどこに何があるのか完璧に把握出来ているから問題ないなんていうのもただの言い訳に過ぎません。

部屋が汚いと、埃が溜まっていたり風邪をひきやすくなったり、新しく何かを購入しても物を置くスペースが取れなかったりします。

誰もが庭付き一戸建てを持っているのであれば良いのですが、自宅の居住スペースなんて独身の人からすればたかが知れているものです。無駄な荷物も汚れも持たないことに越したことはありません。

本当はこまめに掃除をするのが一番良いです。しかし中々そうは言っていられないのが忙しいビジネスマンというもの。年末に一度だけで良いので大掃除をすることで、様々なメリットを享受することが出来るのです。

まず、不要な荷物が無くなるので部屋が広くなります。ゴミを全て出してしまえば衛生的にもなりますし、部屋中が綺麗になればその分気持よく過ごせますよね。

また、大掃除をすることで部屋の中のどこに何があるのかを改めて把握し直すことが出来ます。ちょっとした探しものをする時、「あれ、そういえばどこに収納していたかな」と思ったことは皆さんあるはずです。

必要なものと不要なものを処理するのは特に重要です。いつの間にか溜まってしまっている仕事関係の書類などは、定期的に処分しないとどんどん溜まっていく一方です。何年も放置しておくと、ますます片付けるのが億劫になってしまいます。

普段掃除をしない男性でも、重い腰を上げることが出来るのもメリットと言えばメリットかもしれません。

掃除の基本

大掃除と言っても、窓の桟を指先でつつっとなぞって「あら埃が」なんてところまで完璧にやる必要はありません。行うのはたった二つのことだけで十分です。

それは、ありとあらゆる場所からゴミをなくすこと、そして不要なものをとにかく処分することです。

当たり前ですが、家の中にゴミが散乱していてそれが綺麗だと思う人なんていません。何とはなしに買い込んだコンビニのビニール袋や食べ終えたカップ麺の容器がその辺に転がってはいませんか?

食品系のゴミは虫を呼び込んでしまいますので、最も注意したいところです。それ以外にも、使用期限を過ぎている芳香剤なども思い切って捨てていきましょう。必要最低限のものがあれば暮らしていくには困らないのです。

明らかにゴミだというものを処分出来たら、次は不要品の処分に取り掛かりましょう。

何となく使うかもしれない、というものを見つけても、少なくともここ一年一度も使っていないものはそうそう使うことはありません。不要品と割り切ってしまいましょう。

一番嵩張るのは衝動買いした便利グッズや、衣類です。何となく評判が良いから買ってみたものは、使っていないのであれば処分しましょう。

衣服に関しては、実際に着ているかどうか、よれてしまっていないか、デザインが古くなっていてもう着ないようなものになっていないかざっとチェックしましょう。

全ての衣類を捨ててしまうと困りますが、例えそうしたとしてもコンビニや安い洋服店に行けばひと通りのものは揃うのです。今でも身につけられるもの、どうしても取っておきたいもの以外は、服はシーズンで捨ててしまうのが賢明です。

服を捨てればまた新しく買いなおさなければならなくなるので、流行から取り残されるということも避けられます。

とにかく、不要だと思うものは全て処分してしまいましょう。綺麗で広々とした自宅を取り戻し、またバリバリ働きましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加