> 趣味・ライフスタイル > あなたが本当に求めているものって?お金をかけずに幸せを感じる方法

あなたが本当に求めているものって?お金をかけずに幸せを感じる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.26

世界中の大多数の人間が経済的な不安や不満を抱え生活しています。中には明日の食事にもありつけないほどの絶対的貧困の環境化で暮らしている人もいます。私たちの国である日本は幸い世界でも上から数える程豊かな国で、飢餓で死ぬなんて事はまずありえませんが、それでも誰もが口を揃えてお金が欲しいと言います。

お金は生活をする上で必要不可欠な物であり、あればあるほど豊かな生活を送れる事は事実です。ただお金がすべてとか、お金がないから不幸だ、というのは望ましくない自分の現状の責任転嫁であり、完全に間違った認識です。なぜならお金というのは幸せになるための手段のひとつに過ぎず、それ自体が幸せにしてくれる事はありません。

誰しもが自分の奥にある本当に求めているものに気づかず、本当に欲しているものが分からないためお金がすべてと錯覚するのでしょうが、たとえば私の例を挙げるなら、私はすべての優先順位の頂点には「自由」がきます。私の場合はお金があっても自由がなければ不幸ですし、お金がなくても自由は手に入れる事は十分に可能です。

外を散歩している開放的な時間も、心地よい風も、太陽も、土も、恋人も、両親も、親友も、好きな事や思い出・何かに没頭出来る時間も、健康な体も、なにひとつお金で買えるものはありません。

仮にお金を稼いで念願の一戸建てを購入したとしても、高級な家具が欲しい、リフォームがしたい、新しい家がまた欲しい、次は別荘が・・・人間の欲求には際限がないため、どれだけ良いものを買おうが満たされる事はありません。

次へ次へです。ベンツを買ったら次はフェラーリが欲しくなる。フェラーリを買ったら次はランボルギーニもロールスロイスも欲しくなる。キリがありません。そしてお金で得た満足感や充足感、人脈や物はお金がなくなってしまうとあっという間に消えてなくなります。

高級車に寄って来た美女はお金がなくなればいなくなります。多くの人はお金を稼ぐために仕事をしていると認識していると思いますが、実際は仕事で大成功し使い切れない巨万の富を得たとしても、更なる富を求めるループから抜け出せなくなりますし、お金があったとしてもそれはきっととても不幸な事だと私は思います。

本当に人の心が求めているものというのはそんな表面的なものなどではなく、お客さんが喜ぶ顔だったり、自分の力が社会に求められた時など、お金では手に入れられないものばかりだと私は思います。つまりあなたの現在の経済状況がどうであれ、あなたはもうすべてを手に入れているという事です。

足りないものに焦点を当てるから不足していると感じるのであって、もう持っている幸せに焦点を当てればこれ以上他に何も要らない事に気づくはずです。お金とはただの手段のひとつである事を知る事が、幸せな人生を送る秘訣だったりするわけです。

私は世界で数台しかないスーパーカーに乗るよりも、125円で入れる公衆温泉で地元の人達と裸で語り合いさっぱりする方が、本当に心の底から幸せを感じます。裸の自分には権威も肩書きもありませんしね。

虚栄心などではなく、あなたの心が本当に求めているものは一体なんでしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加