> 趣味・ライフスタイル > 目に見えない気持ちの約束をすることで、人間関係が悪くなる?

目に見えない気持ちの約束をすることで、人間関係が悪くなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.20

良い人は嫌われるといった本もあったり、誠実な人ほどバカを見るなど色々なタイトルの本を見ることが出来ますが、普通に過ごしていると分からない心の作用が人生に大きな影響を与えていることが分かります。

気持ちの約束?

「約束だからね!」って、友達と秘密の約束をしても、どこかでその秘密が漏れていることはありませんか?こうした気持ちの約束は口に出して分かることだけじゃなく、その人の雰囲気や態度などでも勝手に約束されていることがあります。

そして、それが強いほど人間関係が変な方向に進むことがあります。たとえば、女性に対して優しく接することが普通だったとしても、それが相手の女性からすればそこまで優しくされたことがない人だったり少し気になる人であれば「自分に気があるのかな?」と意識させてしまうかもしれません。

たったそれだけのことで実は気持ちの約束は出来ていて、それで気がないことが分かれば「なんでそんなに優しくするの!?」と怒られる可能性もあります。そんな時は最初から気がないことが分かるようなコミュニケーションを図ることで、そういったトラブルになることも避けれるでしょう。

これは恋愛だけじゃなく友達通しでも起こるのではないでしょうか。たとえば優しい人は沢山友達が出来やすいですが、笑ってその場をやり過ごすタイプの人だと周りからイライラされたり、上手く利用される人になるかもしれません。

それはいじめやイライラする人だけの問題ではなく、そうした優しい人にも関係があるといえます。また、イライラしている人はすでに近寄りがたい気持ちの約束をしていて、それは本人が自覚していなくても周りに伝わります。

煽りのセールスは信頼性を下げる?

これはセールスでもいえることです。クレーマーが出てくるのも変な形で気持ちの約束をしているといえます。「必ず結果が出ます!」「これがあれば絶対大丈夫!」そんな言葉はどんな広告でも見ることが出来ますが、その言葉をどれだけ信じるか、もしくは疑うかは人によって違います。

それが分からず自分だけの主観でセールスをすると、それを捉えた人によっては「騙された!」「詐欺だ!」と思われてクレーマーに繋がるようです。それなら最初から「絶対大丈夫!」などの約束をしないほうが良いのではないでしょうか。

セールスの成約率を高める方法にはこうしたことを教えている人もいますが、短期的には効果があるかもしれませんが、長期的に見るとクレーマーを増やしてビジネスの首を絞めることにもなりかねません。

また、せっかく信頼がある人がこうした煽りや誇大表現を使うことで信頼を下げることにもなります。インターネットでもせっかく信頼ある人から紹介されて信頼が高まっても、セールスやコミュニケーションで変な形で気持ちの約束をしてしまうと、信頼を下げることになります。

ネットワークマーケティングと呼ばれる紹介性のビジネスがあり、それは個人でも始められて上手くいけば高い収入に繋がるというものですが、たとえその企業の信頼が高くても、それを紹介する人のやり方に変に気持ちの約束が入っている、たとえば無理やり友達に勧めたりやけにそのことに暑苦しくなったりすると、その企業に対するイメージ自体も下げてしまうでしょう。

特にネットワークマーケティングやお金に対して良い印象を持っていない人からすれば、その話をされるだけで「自分を馬鹿にしている」と思われる可能性もあるので、自分の行動、思考、感情が相手にどういう影響を与えるのかを知っておくことは大切です。

ポジティブとネガティブのバランスを取る

ポジティブすぎる人はネガティブなことが苦手で、その逆もあります。普段からポジティブでいないとネガティブな感情を感じてしまうという不安がある人は、感情を感じるよりも常に行動し続ける傾向があるようです。

ですが、それも周りに「ネガティブなことは嫌い」ということを心で約束をしているようなもので、そのネガティブを感じたくない気持ちが周りの人に伝わります。すると、周りの人がネガティブになったりすることがあり、こうしたよく分からない気持ちの動きを理解出来ないことが、人間関係のトラブルの原因といえます。

ポジティブが良くてネガティブは良くないという意識がありますが、それよりポジティブとネガティブには良い悪いはない、そのバランスを取ることが大切ということがあります。

プラス思考の人は何から何までプラスに考えようとして、それは周りの人からすれば大切な気持ちと向き合っていない嘘くさい生き方に感じるかもしれません。

なぜプラスに考えようとしているのか、その根底にはどんなネガティブなことがあるのかと真剣に向き合えば、人間関係でも変にポジティブネガティブに偏ることなく余計な心の約束をすることも少なくなると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加