> 趣味・ライフスタイル > 向上心を上げるちょっと嬉しい『良かったことだけ日記』の書き方

向上心を上げるちょっと嬉しい『良かったことだけ日記』の書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.10.29

日記って書いていますか?男の人はあまり日記を書くことはないかもしれませんね。毎日の仕事、趣味、お付き合い、などなど、時間がいくらあっても足りない、という人も多いと思います。

でも、ちょっと待ってください。仕事でも作業が終わったら報告を行うでしょうし、勉強だったら復習をしますよね。行った事に対して、振り返ってみるわけです。

同じように自分自身に対しても振り返ってみることは意味のあることではないでしょうか?

良かったことだけ書く

とはいっても、今回おススメするのは、普通に一日を振り返る日記ではありません。その日にあった「良かったこと・嬉しかったこと」だけ、を書く『良かったことだけ日記』です。

今日の会議でのプレゼンがうまくいった、とか、部長に褒められて昇給が決まった、というような、誰からみても「良かったこと」はもちろん。

今日は朝目覚ましが鳴る前に目が覚めた、とか、お昼ごはんが美味しかった、夕焼けが綺麗だった、というような、自分の中での「良かったこと」も。

その日にあった、「良かったこと・嬉しかったこと」だったらなんでもいいんです。せっかく嬉しく思ったこともそのままにしておくと忘れてしまいます。そんなの、もったいないじゃないですか。

自分しか読まないんだから、好きに書けばいいんです。嬉しくて浮かれているついでに、幸せ加減を増やしてしまっていいんです。こうなったらいいな、って妄想だって、書いちゃえばいいんです。

ビバ!妄想!くらいの勢いで書いちゃいましょう。

「良かった」を探すことがさらに「良かった」をつれてくる

『良かったことだけ日記』の素敵なところは、書いているその時も嬉しかったことを思い出していい気分になれることです。そして、後から読み返した時にも、その時のことを思い出せるのです。

また、日記を書くことで、書くために「良かったこと」を探すようになります。今まで気にも留めていなかったことから小さな「良かった」を発見することもあるでしょう。物事のいいところを探すようになると、人を見る時にもいいところに目を向けられることが増えます。

多少のことは、まぁいいか、と思えたりもするので、物事がスムーズにすすむようになります。

『良かったことだけ日記』の出番

もちろん、「日記」というくらいなので、毎日かけることが望ましいとは思いますが。書けない状況・気分の時は書かなくても大丈夫です。

男の人は一般的に「強さ」を求められることが多いと思います。会社の中でも求められることが多かったり厳しかったりするのではないでしょうか?

大変だな、弱音も吐きたくなっちゃうんだろうけど吐けないんだろうな、という場面はよくみかけます。そんな時こそ『良かったことだけ日記』の出番です。

読んでみましょう。できれば、できるだけ過去のものから読むのがいいと思います。自分が覚えていないような、些細だけれど、嬉しかったこと、を再体験しましょう。

一度で足りないなら、二度、三度。元気になれるまで読み返すものありだと思います。気がつくと、いつの間にか、苦しかった気持ちが落ち着いて楽になれていると思います。「小さな良いことで嬉しくなれる自分」にほっとする、という部分もあるのかもしれませんね。

困っていることがある場合は、冷静に考えられるようになって対応策が見つかるかもしれません。私も、仕事でへこんだり落ち込んだりしたときに、日記のノートを読み返してみて、元気に次の日を迎えられたことが何度もあります。

より良くなりたいと願って、今日より明日、明日より明後日、と努力する人は立派で素敵だと思います。小さな「良かった」で幸せを感じられる人も、それに負けないくらい充分素敵だと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加