> 趣味・ライフスタイル > 逃げてばかりの人生にお別れ!逃げ癖を克服する3つの予防策!

逃げてばかりの人生にお別れ!逃げ癖を克服する3つの予防策!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.06

私の祖父はもう90近いのですが、今日も元気に老人ホームへ出かけて周りの人達を楽しませています。高齢なのにすごいなと、ただただ尊敬するばかりです。祖父は老人ホームに行く前、70年近くを共にした祖母を病で失い、落ち込んでいました。

しかしある時期を境に自分から老人ホームへ出て人と関わりたいと言うようになりました。今では毎日楽しく通って、周囲の皆を楽しませているようだと、施設の担当者の人などから手紙が来ます。とても微笑ましいものです。

もし祖父があのままふさぎ込んだままで家から出ない状態を続けていたら、今の祖父の明るい生活は絶対になかったでしょう。祖父を見ていて学んだ事から今回お伝えするのは、逃げ癖を断ち切る3つの予防策になります。

祖父のような前向きで皆から慕われる人生を送るためには、逃げ癖を断ち切るのは必須です。それではひとつひとつお話していきますね♪

1:マイナス思考は逃げる人生だと知る

プラス思考とは積み木を積み上げていく作業で、マイナス思考は完成した積み木をひとつずつ抜き取っていく作業です。ここでいうマイナス思考というのは現実逃避、つまり逃げの事を指します。

逃げる人生を選ぶと決断した時点で、あなたのすべての行為は、積み木を1ピースずつ抜き取って行く事に他なりません。そしてそれは必ず積み木全体の歪みを生み出し、最終的にはばらばらになって完全に崩れてしまいます。

今まで時間をかけて積み上げて来た物が、一瞬で崩れたかのように見えるかもしれませんが、それはあなたが1ピースずつ抜き取っていたその結果が積み木の完全崩壊となっただけなのです。この例からも分かると思いますが、プラスの思考はプラスの結果を、マイナスの結果はあなたからただ大切ななにかを奪って行くだけの結果しかもたらしません。

祖父はある時、気づいたのでしょう。嘆いてばかりいても祖母は帰って来ないし、自分も苦しいだけだと。つまりマイナス思考の連鎖をばっさり断ち切ったんです。そこから祖父の人生は好転しました。今では施設一の人気者です(笑)まずは自分の傷を受け入れ、断ち切る事に意識を集中しましょう。

2:実際に断ち切ってみる

言葉で言う事や頭の中で考える事はとても簡単です。それくらいの事なら誰にでも出来ますし、考えもつくでしょう。私の今回お伝えするテクニックはもうひとつ先にあるものです。あなたを苦しめているものがなんであれ、それを実際に具現化してしまいましょう。

もしも線のように続いて途切れない負のループにはまってしまっているのなら、太くて触れると血が出るような粗い極太のロープを買って来てもいいでしょう。断ち切ると心の中で決意した後は、そのロープをはさみやカッター、ライターで焼き切っても良いし、とにかく自分がそのロープを断ち切る儀式を行います。

その触るだけでも自分の手を摩耗し傷つけるロープは、思い出したくないようなつらい過去の自分です。そのロープと自分を縛っているものをリンクさせ・・・断ち切る!実際に切るんです!これは驚く程効果があります。そして自分は今!この瞬間から!後ろ向きな人生とはおさらばした事を脳に、身体に、そしてあなたの心に刻み込ませる。

その儀式を行う事で、あなたの人生は本当に動き出します。別にロープじゃなくてもかまいません。例えばハンマーで瓦を割るだとか、公衆の面前で逆立ちして「オレはやるぞー!!!」と叫んでみたりとか。とにかく記憶に鮮烈に残るような、衝撃的な行動に出る事であなたの潜在意識は自分の気持ちの変化を察知し、それが行動になります。

3:その状態を続ける努力を続ける

1と2のステップを踏む事で、あなたは一時的に逃げ癖を断ち切る事は出来ました。しかし癖というのは厄介なもので、一度ならまだしも、何度も行っている内に習慣として定着してしまい、本人は気づいていないというところまで浸透してしまう事があります。

逃げ癖の習慣を作らない事はただひとつだけです。それは「常にプラス思考にチャンネルを合わせる」という事です。正しい・間違いとか、悪い良いという他人が決めた基準ではなく、自分の心が求めているプラスの状態に思考のチャンネルを合わせ続けるようにするのです。

自分の環境や状態がうまくいっていないときは、必ず自分に問題があり、マイナス思考になっているはずです。言い換えるなら、その連鎖がその状況を作り出しています。

生きていれば、嫌な事を思い出したり、断ち切ったはずの記憶が再現されるような状況に出くわしたり、必ずこのような状況は出てきますし、負けそうになったり、そこで負けてしまい、どんどん断ち切る前の自分に逆戻りしてしまう事もあります。

なので、そういう時にはその邪念や記憶といった、プラス思考を継続する上で邪魔してくるものと闘う強さが継続するために必要となってきます。良いか悪いか、正しい・間違いなどではなく、自分にとって幸せな思考状態を保つ事が、その状態を蓄積していった結果が、祖父のような過去を断ち切り、脱却し、今を生きるというすばらしい未来をもたらしました。

これは訓練する事で100%誰にでも出来る事なので、是非あなたも実践し幸せな人生を手に入れてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加