> 趣味・ライフスタイル > スマホでスタート!ネットオークションでこれから稼ぐ方法

スマホでスタート!ネットオークションでこれから稼ぐ方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.05

アレも欲しいし、コレも欲しい!こんな風に物欲はたくさんあるけれど、それを手に入れるための資金がない・・・。今回はそんな方へ必見の内容!スマホが普及した今だからこそ始めたい!ネットオークションで手軽に稼ぐ方法を紹介します。

スマホの出現でネットオークションが身近な存在に

さて、時代は一人の人が一台のスマホを持てるまでに豊かになりました。この記事をご覧になっている方もスマホをお持ちの方が多いでしょう。スマホばかりでなく、街中にはブランド品を持ち歩く若者が溢れています。本当に豊かになりました。

しかしそれでも!欲望には果てがないですよね。筆者も今欲しいものを、5つはすぐに挙げられます。とはいえ、欲しいものがあれど、生活で手一杯の現実。そんな時代だからこそ、今あらためて注目したいのがネットオークションです。

インターネットの普及と共に、ネットオークション市場は一時期大きく成長しました。そして今、スマホの出現により、ネットオークションはより身近な存在になったのです。

初心者大歓迎のパシャオクとの出会い

実は筆者、ネットオークションに奥手であり、これまでは「なんとなく知っているけどやってみようとは思わないもの」でした。しかし、スマホを手にし、様々なアプリを手に入れるにつれ、Amebaが運営する「パシャオク」というネットオークション専用のアプリに出会ったのです。

名前があらわすように、パシャッと出品したい商品の写真を撮ってネット上にアップする。あとは価格をつけて入札を待つ。言葉にするとそれだけのことです。それだけのことで現金が手に入るのです!なんて手軽な時代がやってきたのでしょう!

従来ですと、デジカメで撮影した写真をPCに転送するというのが手間といえば手間でした。しかし、今やスマホは、高画質のカメラ機能を搭載し、そのままインターネットに繋がります。その登場によって、ネットオークションに対する敷居は一気に下がったのです。

オークションサイトの色々

筆者は先ほどご紹介した「パシャオク」からネットオークションの世界にハマり、他のネットオークションサイトにも興味を持ちました。以前から名前を聞いたことがあり、日本最大と謳われる「ヤフオク!」。そして、私が最近ハマッているのが、楽天の運営する、「楽天オークション」です。

ヤフオク!に月々の登録料がかかるのに対して、楽天オークションは登録料がかからないのが、初心者の私にとって魅力でした。他にもいくつかのオークションサイトがありますので、ぜひ自分に合ったサイトを探してみてください。ちなみに、ヤフオク!も楽天オークションも、パシャオクのように、スマホ用のアプリが出ていますので、スマホでも手軽に利用できます!

さて、何を売ろうか

お金は欲しいけど自分にはさして売るものなどない、とお思いのあなた!筆者がオークションに奥手だったのも、あなたと同じような考え方を持っていたからです。しかし、人が20年、30年も生きていれば、意外と価値あるモノを所有しているのです。

例えば、筆者は音楽が好きで、あるミュージシャンのファンクラブに10年近く入会していました。ファンクラブでは定期的に会報が発行されていたのですが、一度読んでしまって、あとは押入れにいれておくという状態が長らく続いていました。

早速これらに目をつけたのです。自分にとって価値を消化したものでも、他の人にとっては価値がまだまだあるのです!ましてや、ファンクラブの会報などは、通常では手に入りにくいものです。こういったものは、ネットオークションの市場に向いていると言えますね。

出品する楽しさ、入札される喜び!

売るものを見つけたら早速出品してみましょう!出品時の値段設定も、あなたの裁量に任されています。まずは自分が売れたらいいな、という値段をつけてみましょう。それでしばらく入札が入らないようだと、設定した値段が高すぎるか、はたまた、お客さんの目に触れていない、などの可能性が考えられます。

実際に出品をしてみて、コツを掴んでみてください!お客さんの目を引くようなキャッチコピー、商品が細部まで伝わるように撮る写真。工夫すればするだけ、入札される確率はあがります!実際に入札されると、とても嬉しいものですよ!

どうでしょう?自分も出品してみたいな!と思えてきましたか?とにかく手軽なんです。筆者はここ数日で、ネットオークションを通じて2万円ほど稼ぎました。これでアレが買えるぞ~、とテンション高めです(笑)。

スマホの出現がなければ筆者はここまでネットオークションにハマることはなかったと思います。まずはアプリをダウンロードして、手近なものを出品してみるといいでしょう。ぜひ、このワクワクを多くの人に味わって欲しいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加