> 趣味・ライフスタイル > 人をイライラさせるのも才能?ネガティブな才能の形とは?

人をイライラさせるのも才能?ネガティブな才能の形とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.24

人をイライラさせたり怒らせるのが得意な人はいませんか?相手の弱点を突くのが上手くてサラっと話しただけで相手の神経を逆なでするような人もいます。

その人といる人はいつもイライラしてたまらないかもしれませんが、中々そう相手を怒らせることは誰でも出来ることではないと思います。そして、それはネガティブな方向から来るので直した方がいいと感じることも、中立なところから見れば才能の種が隠れているかもしれません。

ネガティブな才能はあるのか?

ネガティブなことなんて才能じゃないと思うかもしれませんが、ネガティブな発言が貴重な意見になったり、多くの人が言えないことをズバっと言える人は貴重かもしれません。人の顔色をうかがってニコニコしていても、何かの気付きや人生の方向を修正する時など、こうしたズバっと言える人の一言がきっかけになることもあります。

聞いている方や言われている方は胸が痛くなる人もいるかもしれませんが、それを感情的に捉えず中身をしっかり聞くと大切なことを話しているかもしれません。また、自分らしい人生を生きていない人に、イライラした人がズバっと言ったことがきっかけで、自分らしい人生を生きようと決めた人もいるようです。

それはネガティブなことを言う勇気のある才能かもしれませんし、ネガティブで相手をイライラさせたり怒らせたりするのが楽しいという才能かもしれません。普段からそういう人と接しているとイライラするか面白いかのどちらかでしょうが、良い悪いで判断せず中立的な視点から見ると、それも貴重な才能かもしれません。

たとえば、聞くだけで寒気がするような不快な音楽を作ったり、目をそむけたくなるような絵を書く人も才能かもしれません。万人受けされなくても一部に熱狂的なファンがいたり、あるところで支持されていて、それをやっている本人が情熱を持ってやっているなら才能といえるでしょう。

小さい頃、怒られたことは?

周りの人からすればネガティブなことといえば、小さい頃怒られたことではないでしょうか?どうしても話さないと気が済まない人は「うるさい!」と言われるまでずっとしゃべっているかもしれませんし、どうしてもゲームをやっていたい人は「やめなさい!」と言われるまでずっとゲームをしていたかもしれません。

人によっては怒られても言うことを聞かずずっとやっている人もいて、逆を言えばなぜそれだけやりたいのかに注目したいところです。特に子供はやりたくないことはすぐにやめてやりたいことには夢中になってやる、そこにやらないといけないことなどの制限が入るまでは自分の気持ちに素直に動きます。

砂遊び、ゲーム、スポーツ、ブランドに乗る、友達と話す、自分はどんな遊びや趣味をずっとやっていたでしょうか。小さい頃は危ないという基準がないので親が何でも危ないとしてやめさせることがありますが、その中でも「これ才能じゃないかな?」と思うものはあると思います。

自分の小さい頃をよく知っている親戚や家族に聞くと、自分じゃ気付かないような才能、大人になってからは大人しくなったのに小さい頃はずっと話していたという人。

そういう人は小さい頃に怒られて大人しくなっただけで、普段から頭の中で何かを話しているかもしれませんし、それを活かして講演家やコンサルタント、カウンセラーなどに才能があるかもしれません。

ネガティブな自分を振り返る

才能と聞くとポジティブな方を見がちですが、こうやってネガティブな視点から見ることで今まで自分のフタをしていた部分を見返すと新しい発見があるかもしれません。

才能が見つからないという場合、才能が見つかっている人と比べてみるとどう違うのかが分かり、その1つは才能が見つかっている人はやりたいことにフタをしていないということです。やりたいことをやりたい気持ち、やりたい考え、やりたい行動でやり、役割にハマらず自由にやることでそれに夢中に取り組めるようです。

たとえそれがネガティブなこと、人と討論したりズバっと人にものを言ったり、嘘をついたりすることでも、形を変えたり組み合わせて才能として活かすことが出来ます。嘘をつくのが上手い人で、人を癒す才能もある人は人の心を上手く動かして色々なイメージやアイディアを提供しながら癒すカウンセラーのようなことが出来るかもしれません。

1つだけならネガティブなものも、もちろんそのまま使えるものもあれば別の才能と組み合わせればより自分だけしかない価値を生みだすことが出来るでしょう。そうしてネガティブとポジティブどちらも自分の中にある才能は何かを見つめなおすと、新しい発見や今まで見ないようにしていたネガティブな才能も認められるかも知れません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加