> 趣味・ライフスタイル > 『やる気が起きない人』が続出!?心と身体に効く夏バテ予防!

『やる気が起きない人』が続出!?心と身体に効く夏バテ予防!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.11

夏は暑さの影響で疲れやすく、また暑苦しさで寝られなくて睡眠不足になったり、冷麺やスイカなど冷たいものを摂取することも多く食生活が偏りやすいです。

こういった生活を繰り返していると心身ともに疲れてしまい、食欲が落ちて栄養失調になってしまったりやる気が起きなかったりと悪影響を及ぼしてしまいます。こういった言わば「夏バテ」にならないよう『このままじゃやばい!』と自覚してらっしゃる方は特に意識して予防していきましょう!

夏バテの予防法

◎睡眠不足の方へ

夏に寝不足になる主な原因として「長期休暇」と「暑さ」があります。社会人の方もこの時期に有給を使って休む人もいるかと思います。また夏祭りなどのイベント行事も多くあり生活リズムが狂いがちですので、そうならないためにも家に帰ったらすぐ眠れるような環境を作れるように今からでも準備をしておきましょう。

○明かりを徐々に暗くする

いきなり暗くするのではなく徐々に暗くしていくことで眠りにつきやすいそうです。補足として眠れないときはベッドに横になるのではなく、眠くなるのを待ってから寝床につくとより睡眠に入りやすいそうです。またPCの明かりやそれが出している電波は睡眠の妨げになるそうですので電源を切るようにしましょう!

○室内を適温にする

人が快適と感じるのは26度から28度の間が理想とされていますので、スダレをかけて熱を入りにくくしてみたり、涼しい日は窓を開けて扇風機をつけるだけでも良いと思います。クーラーをつけるときはタイマー機能を使って切るように設定しておきましょう!

食生活を見直してみよう!

冷たいものばかり摂ってしまうと、秋になる少しまえあたりに食事の偏りにより食欲が落ちてしまったり、またジュースなどの糖分が含まれている飲み物を摂取しすぎてしまったりと身体に悪影響を及ぼしてしまいます。

夏はスタミナをつけろ!と聞いたことがありますが、肉類に多く含まれているたんぱく質は実際に効果的で、他にもビタミンやミネラルが重要だそうです。夏場は炎天下の中運動したり仕事したりと体力消耗が激しい季節ですので、しっかり栄養をつけて乗り越えていきましょう!

◎夏に効果的な食べ物

○肉類

先ほども紹介しましたが「豚、牛、鶏肉」はたんぱく質が豊富で、豚肉にはビタミンB1が含まれており疲労回復にもなります。

○フルーツ関連

グレープフルーツやレモンといった酸味の強いものは唾液を出しやすく、食欲を促進する効果があります。また夏の食べ物の「スイカ」もビタミンが豊富で水分も含まれており効果的です。ただし体を冷やす作用があるみたいですので、あまり食べ過ぎないようにした方がいいですね!

○夏野菜

「夏」っていう言葉が入っていることもあり、非常に優れた効果があるそうです!沖縄の代表的な食べ物の「ゴーヤ」(別名:にがうり)は健康的なものと知られていますが、夏バテ予防に必要な栄養素を豊富に含んでおり加熱しても損なわれることが少ないそうです。今夜はゴーヤチャンプルで決まりですね!

また他にもナスやトマト、ピーマンといったものも同じく夏が旬で、味や栄養価もとても高く色んな料理に合わせやすいので積極的に取り入れてみるといいかもしれません。

ストレス

夏が好きな人もいますが暑いのがいや、汗っかきだから嫌いなど苦手な人もいます。また先ほど説明した睡眠不足や生活リズムの変化によってイライラがたまってしまいやすいのでしっかりと解消して秋を迎えたいものです。

◎イベントを楽しむ!

花火大会や海といった季節ものの行事やテーマパークとかも色んな企画をやっていたり、映画も夏休みに向けてたくさんの作品が上映します。まさにイベントのオンパレードです!せっかくなんでおもいっきり楽しんじゃいましょう!

私は去年ものすごく忙しく、遊びに行くことも少なかったのですが、近くで花火大会をやっていたときにそのおかげでお客さんも少なかったので仕事先の同僚と上司の人とサイダー片手に一緒に見ました(笑)。

寂しいと思う人もいると思いますが『それもそれでありかな』と仕事先で夏を感じることができて貴重な経験ができました。そうやって「季節を楽しんでみる」と案外悪くないものだったりします!

おわりに

余談ですが、夏になるとショッピングモールなどの施設内は冷房が効いているので涼むためによく行っていました。しかし外に出たら灼熱地獄のように感じてまた中に入ったりと繰り返してしまい、体調を崩してしまい反省したと思いきやまたやってしまったり・・・。

特に学生の方は夏休みですので色々遊びにいくことも多いと思いますが、しっかり自分で体調管理はしていくようにしましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加