> 趣味・ライフスタイル > なんとかなるさ精神で、どんな事も乗り切れる精神論!

なんとかなるさ精神で、どんな事も乗り切れる精神論!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.26

基本的に、人生というのは考えると不安だらけだと思います。不確定要素が大きく、心配すればきりがありません。普通に生きていも、運転中に子どもが飛び込んで来たらどうしようとか、街を歩いていたらチンピラにからまれたら・・・とか、考えるときりがありません(笑)

なので、この細かな不安を乗り切る方法はひとつしかありません。なんとかなるの精神です。このある種、ふっきれる肝っ玉というか度胸は、どんな状況でも必要になり、この精神を持てないと、いつまでも行動出来ずに、極論布団でくるまっておびえているだけの生活になるわけです。

なので今日は、なんとかなるさ精神で、どんな事も乗り切る精神論をお教えしようかと思います。どうぞ最後までおつきあいいただき、度胸と行動を起こすための自信を手に入れて人生を飛躍させてください。それでははじめようと思います。

要は慣れである

このなんとかなるさという精神は、度胸や勇気がるという性格上の問題と思われがちですが、実際はそうとも言い切れません。わたしは、とても臆病ですし、普通の人よりも、ずっと不安や心配が強い人です。しかし、わたしは世界一高いバンジージャンプや、数百人の前でプレゼンしたりとか、たくさんの人が驚くような事を平気で出来てしまうわけです。

これが一体なんなのかというと、要は慣れだと思います。わたしも、最初はプレゼンなどは苦手でした、声が震えて、他人の視線が恐くて、何度も逃げ出したくなった事もありましたし、緊張のあまり、頭が真っ白になり、本番ですべてを忘れた事もありました。

わたしだけではなく、こういう予期出来る失敗が起こったらどうしようと思うから、不安になったり心配したりするわけですよね。しかし、よく考えてみてください。わたしたちは、この世に生を受けた時点で、すべてが不確定要素の中で生活しており、両親や周囲の人達から最低限生きて行くだけの情報を与えられて社会に出るわけです。

赤ちゃんの頃から、立とうとしては転んで、沸騰したやかんに触ってやけどした事もあったそうです。また、パチンコ玉を両方の鼻の穴に入れて取れなくなって手術までするかも・・・といった話になった事もありました(笑)。しかし結局は大丈夫でした。

どんな状況でも、何かが起きます。予想通りの人生なんて絶対にありませんし、トラブルが起こる事を恐れて動かないでいては、なにひとつ出来なくなります。なので、起こったら起こったという風に考えて、その都度対処していくようにしないと、わたしたちは生きて行く事は出来ません。

この動いて慣れるという生き方をしていると、その生き方に慣れて来て、次第にどんなトラブルが起きても臨機応変に対応出来るようになって行きます。100も1000ものトラブルシューティングを行って行くうちに、対応力がついたわけです。

たとえるなら、志望校の過去問を10年間くらいさかのぼり徹底的に分析していたら、本番で多少過去問と異なっても、応用力がついているため柔軟に対応出来るのと同じです。実際に自分がやってみて経験してみればわかります。どんな事でもいいので、この応用力というものを実感してみてください。

資格でもなんでも良いです。もしあなたが、英検1級を取得したいのであれば、評価の高い問題集を片っ端から解いて行ってください。それだけで応用力はつきます。要は慣れなんです。

もちろん、元から度胸がある人や、親がそういう人であるため、自然と自分も肝が据わった人間になった・・・というのはあるとは思いますが、ほとんどの人は、経験しながら慣れて行ったケースがほとんどです。

はじめての好きな女の子とのデートはめちゃくちゃ緊張します。誰だってそうです。わたしなんて一言も喋れずふられました(笑)。しかし、今では余裕でいけますし、話がうまいとまで言われます。要は慣れなんです。

ここで覚悟を決めましょう

わたしは未来への不安も恐怖もすべてを受け入れて前へ進むと決めるか、引きこもって布団にくるまった生活を続けるか、どちらかを選択しましょう。生きる以上、どちらも選択するなんて道は存在しません。前者を選べば、トラブルは多いですが得るものも無限大です。

逆に後者を選べば、何も無い変わりに、何も得られません。そして、真っ暗の人生です。時期に資金が底をつき、食費さえ捻出出来なくなり、近いうちに死にます。どうせ死ぬなら、闘って死にませんか?そっちの方が、生きていて良かったと思えるはずです。

あなたの未来には絶世の美女との出会いや、巨万の富が待っているかもしれません。そんなのあるわけないと思うのはあなたの自由です。人間の可能性に限界などありません。あったら、誰も向上心など持ちません。さあ、最初の一歩を踏み出しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加