> 趣味・ライフスタイル > 何に対しても興味が持てない。そんな時に何かに夢中になれる方法

何に対しても興味が持てない。そんな時に何かに夢中になれる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.22

心身が疲れていませんか

何かをしたい!という意欲が全然出ないということは、そのエネルギーが無いという場合も結構あります。心身の疲れを感じているのならば、まずは自分自身を休めるというところから始めてみましょう。

休めてみれば、また何か始めてみたいという思いを持つことが出来るようになるかもしれません。新しいことをすぐに始めなくてもいいのです。自分自身が興味が少しでもあることを調べてみるというようなところからのスタートでも十分です。

失敗を恐れていませんか

失敗をしたら嫌だなという思いから、興味のあることから遠ざかっているということもあるかもしれません。でも失敗というものも本来は経験の一つなのです。今までの自分自身も失敗や挫折を感じながらも歩いてきたということがあるはずです。そして成長をして来たということがあるのです。

そう考えると失敗を恐れるから何もしないということは良くないことでしょう。失敗というものがあっても当然というぐらいに余裕を持ってみてもいいですね。

何か辛いことがあった場合

何も出来ないと感じるくらいに辛いことが直前にあったということもあるでしょう。そういう時に、何かをしようとしてもなかなか出来ないものです。でも思い切って外に出てみましょう。人々が歩いている姿を見て、なるほど皆頑張って生きているんだというように思えてきます。

人の姿を見ることにより、辛いのは自分だけではないかもしれないと思うようになれるでしょう。人が教えてくれることはたくさんあるのです。辛いことを振り返るよりも外に出て歩くだけでも十分前を向いています。そしてたまにその辛いことが頭をよぎったとしても無理に消そう消そうと思うことは無いのです。

それはとても疲れることになるからです。自然体の自分というものでいいのです。そうすることで、辛いことを自然に時とともに忘れていくことが出来るかもしれません。

身体を動かしてみましょう

何もする気が起きないからといって、ごろごろした状態を続けていると、身体がなまってしまって、ますます重たくなってしまいます。力を振り絞って動いてみようとする力を出すことも必要です。

そして座って本を読んでもいいでしょう。座ってPCで色々な情報を検索してみてもいいでしょう。そうしているうちに段々と身体を動かしたくなるということもあるかもしれません。

もともとがアウトドア系ではない人でしたら、自然を見に行こうかなというように思うかもしれません。今力が出なくても力を出すように自分に対して気合いを入れてみるということが必要なのです。

気合いだけでは何も出来ないと思うかもしれませんが、自分に対して喝を入れてみると、不思議に動くことが出来るという場合もあるのです。自分自身の中でもその喝を待っていたということがあるのかもしれません。

少し待ってみましょう

友人にメールをしたりして、とりあえずは誰かと交流をしてみるというのもいいでしょう。それ以上のことはもう辛いということであれば、自分がしたいことが出来るまで少し待つということをしてみてもいいのかもしれません。

今はそういう時期なんだと割り切ってみるのです。そうすることにより自然に待つことが出来るということもあるのです。待つことをすればやる気が出てくることもあります。飽きるまで今の状態を続けてみるというのも一つの方法なのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加