> 趣味・ライフスタイル > 納得いかない矛盾や不条理を手放し、心から自由になる方法

納得いかない矛盾や不条理を手放し、心から自由になる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.20

生きていたら結構納得いかない事ってないですか?わたしの場合は、人間関係が多いですかね。ひとりと喧嘩したはずなのに、その人がめちゃくちゃな噂を拡げて複数人に嫌われたりなんて事もありました。なんか劣悪な人が多いですね。わたしがうまくいかない人は。

恨んでいるかと言えば、そうでもないのですが、なんでこんなに酷い事を平気な顔して出来るんだろうとは当時は思いましたよね。本当に人なのかなって。だけど、わたしにも問題はあったわけで、それを次に同じような間違いをしないように気をつけようと学習はしたので良かったかなとは思いますね。

世の中の基準というのは、正しい、間違いで量る事は出来ません。アルバート・アインシュタインいわく、すべての人間は各々の宇宙論を持っており、すべての人間が正しいと言えると言及しています。法律や常識というのは、全体の安定を保つためのただの基準であり、正解などとはほど遠いわけです。

正解というはないのですが、力のある人間や権威のある人間の言葉は、わたしは基本的に信じるようにしています。たとえば、医師の意見というのは信じますよね。病気だったら、なおさら信じます。なぜなら、裏打ちする実績があるため、病気を治したり、自分の体を健康体に導ける可能性が、一般人の意見よりもはるかに高いからです。

実際に、わたしが病院に行って医者の言う通りにしておけば、治ったケースが圧倒的に多いです。9割がた治ったのではないかと思います。これが一般人だとどうでしょうか。簡単な事です。それが仮に、あなたを子どもの頃から見ている愛情を持った母親の意見であったとしても、間違っているケースは圧倒的に高いです。

なぜなら、母親は病気を治す医師ではないからです。なので、わたしは母親の意見は聞かず、必ず、具合が悪い時は医師の意見を聞くようにしています。これは冷たいとか、恩知らずとかいう話ではなく、どうすれば治るのかという話です。

今回は納得いかない矛盾や不条理を手放し、心から自由になる方法についてお話しようと思います。どうぞ最後までおつきあいいただき、すばらしい人生を歩まれてください。それでははじめようと思います。

世の中は矛盾の方が圧倒的に多く、それがまかり通る事の方が多い

納得いかない事が多いのは当たり前です。あなたはこの世に生を受け、両親に育てられ、両親が信じて来た常識を植え付けられました。これは両親や両親の両親が育んで来た常識であり、この世の常識ではないからです。すべての人間が違う親のもとで育てられて来たため、当然違った価値観や考え方を持って育ちます。

そんな異なった環境や背景で育って来た人達同士が、うまが合う方がおかしいと思いませんか?衝突して当然なんですねぇ。合う方がおかしいんです。中には非常に悪質で非道徳な人間もおり、どんな汚い手段を使ってでも相手に復讐する・・・などという人までいます。

こういう人は普通の常識では捉えてはいけないんです。人間の心を持っておらず、他人の不幸こそが幸せであり、生き甲斐なのです。わたしたちには考えられない事なんですが、人を騙したり、陥れたりする事に罪悪感を覚えるどころか、幸せを感じる人間がいるのも事実なのです。

人間は最初は動物と同じで、生まれたままのゼロの状態です。そこから教育により、一般人のレベルにまで引き上げられるわけです。文部省が中学までの教育を義務づけているのもそのためで、最低ラインまでの教育を受けないと、人間というのは社会で生きて行く事が非常に難しくなるのです。

誰が見ても正しくないような事でも、それがまかり通る事は普通にあります。狡猾な人間、ずる賢い人間、卑怯な人間の方が、利益を得る可能性が高いのも事実です。真面目で素直な人間は騙されて、利用されて捨てられます。世の中というのはそういうものなんです。

生きていたら、どうしても許せない人という人間が出てくると思います。しかしながら、この人達の事を考えている時点で負けているので、乗り越えるには精神ごと超越しないといけないのです。相手にしない。ここまでこないといけません。

たまにいますよね。こいつさえいなければ、わたしの人生はもっとすばらしいものになっていた・・・しかし他人は関係ないのです。その人がどれだけ劣悪な人間であったとしても、結局はその醜さに取り込まれてしまった自分のスキル不足です。

わたしはそう思うようにしています。そして、そのケースを乗り越えられれば、また同じような人に遭遇した時、わたしは、一歩強い自分がいるわけで、動揺しない自分がいるわけです。それは、その経験があったからこその事なんですよね。なので、すべてから吸収し、矛盾も、なにもかも受け入れて進みましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加