> 趣味・ライフスタイル > 誰かに必要とされている事を認識し、モチベーションを維持するアイデア

誰かに必要とされている事を認識し、モチベーションを維持するアイデア

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.22

あなたがモチベーションを維持出来る方法とは一体なんでしょうか?そのきっかけとは?人がモチベーションをあげるにはさまざまな方法があります。他人から褒められたり、尊敬する人に認めてもらったり、恋人と愛し合ったり、たくさん稼いだり・・・。

その中でも、とびきりモチベーションアップや維持につながる方法をお教えしましょう。それは、誰かに必要とされる事です。そしてそれを自分で認識し、自分の価値を再確認する事です。そうする事でモチベーションを支配する事は可能です。

今回も最後までおつきあいいただき、モチベーションをコントロールする方法をあなたの中に構築し、ずっとがんばれる生き方を会得しましょう。それでははじめようと思います。

まずは誰かに必要とされる

誰にも必要とされていない、と自尊心が低下している人を対象に話を進めて行きましょうか。モチベーションあげ話は最低辺から話しはじめたほうが共感を呼びますから(笑)

誰にも必要とされていない・・・自分は無価値だって思う状態って、多分誰にでもありうると思います。人間は自分の生きている世界がすべてであり、世の中には60億人という数の人間がいるのにも関わらず、自分の接している人たちがすべてだと思い込む癖があります。

学生時代の友人、幼なじみ、家族、会社の上司や同僚。会社などは特に良い例であり、転勤すればすべて入れ替わります。今までいた人は誰一人いなくなるのです。

しかし、そのときはそれがすべてなのでしょう。だから家族にも厄介ものにされ、会社でも怒られてばかりいたら、自分は価値がない人間なんだと思うのはごく自然な反応だとわたしは思います。

なのでまず誰でも良いです。身近な家族でも良いし、友人でも良い。何かその人達に出来る事はありませんか?・・・と聞いてみましょう。そこからすべてがはじまります。何かあるのはあります。誰だって楽したいという気持ちはありますし、与えてあげたいという気持ちもあります。与える事で自分が満たされるからです。

なので、素直に聞いてみたら、喜んであなたに何か手伝って欲しい事を頼んでくれるはずです。どんどんたずねてみましょう。そして、頼まれたらやってみましょう。何でも良いんです。お使いでもいいし、買い出しでも掃除でも何でも良い。相手が喜ぶ事をやるんです。

そして、とにかく頼まれた事をちゃんとやってみてください。そうすれば、かなり高い確率で相手は喜んでくれます。その喜んでくれた反応にまたあなたも喜ぶ。この連鎖反応を日々積み重ねて行くだけです。

人間というは、一番自分を感じられるのは他人の中に自分を感じた時です。他人が自分の話を覚えていてくれた時、自分の事を思い出してくれた時、他人の中の自分を本当にリアルに体感した時に、自分は存在しても良いんだ、価値があるんだと思うんです。

それを実感出来る。これがモチベーションの維持につながるんです。仕事にも私生活にも良い影響を与えてくれます。まずはこの一歩を踏み出してみましょう。

必要としてくれる人をひとりまたひとりと増やす

上記のたずねた例が奥さんだったとしましょう。奥さんのためになれる人になったら、次はそれを横にずらして友人や会社の同僚と、どんどん関係の浅い人にシフトしていきましょう。そしてひとりまたひとりと増やして行くと、自分の価値をどんどん感じられるようになっていき、それは自信へとつながります。

自信が出来ると、手伝える事も増えてきます。あれも出来る、これも出来る。あ、これは昔やったなとなるわけです。そうなると、同時に問題処理能力も高まって行き、自分のレベルアップにもつながるわけですね。

しかし、ここで気をつけないといけないのは、その輪を拡げすぎない事です。自分の出来る範囲をちゃんと把握し、それ以上はしないようにしないと今度は手が回らなくなってしまい、自分がパンクしてしまいます。これは絶対に避けてください。

そして人も選ばないといけません。他人に必要とされたいんだなコイツと思われてしまうと、浅ましい人間はそれを利用してやろうと、次から次へとあなたに用事をおしつけ、自分は楽しようという風になってきます。

予防するには、たずねる相手を見誤らない事ですね。卑怯な人間、ずるい人間というのは、生活を見ていたら分かります。自分だけが得をしようと考えています。そういう人間には近づかない事ですね。彼等は詐欺師などと同じタイプの人間で、他人から搾取する事に抵抗も罪悪感もないため、搾り取れるだけ搾り取ります。

自分の価値観で考えてはいけませんし、同じ人間だと思ってはいけません。この点だけは十分に注意してくださいね。それでは、明日からさっそくはじめてみてください。誰かの中に自分がいるというのは、とても心地よいものですよ^^

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加