> 趣味・ライフスタイル > どれだけ考えても問題の原因が分からない人への最後の解決法

どれだけ考えても問題の原因が分からない人への最後の解決法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.31

今日はどれだけ考えても原因が分からず、壁を越えられないという人への解決方法を教えちゃいます。八方ふさがりで前に進む事が出来ないあなた!どうぞ最後までお付き合いいただき、今日で壁を壊し、進んでください。それでは始めようと思います♪

1:時間を決めて思いっきり考える

何か困難や問題にぶつかった時、人は悩みます。悩みに対して人が取る行動は本当に様々で、どれが正解などというものはありませんし、自分に一番合ったやり方で解決すれば良いと私は思います。ただ、どれだけ考えても分からない問題も人生ではたくさんあります。

責任転嫁なのか、そうじゃないのか、自分が原因なんだ、自分が犠牲になればいい、悪いのは相手や他の何かだ・・・と時間をかけて答えを出したところで、私たちの状況が変わるわけでもなく、一時的には気が収まったとしても、本当の意味で永久に気が晴れる事はありません。

なぜなら、問題を解決出来ていないからいつまでもひっかかるわけです。人間の力が及ばない領域の問題もあるし、ただ単に自分自身が未熟なために、問題の根幹にある原因が分からないという事もあります。分からない理由はなんであれ、一時考えても分からない問題に対しては、もう放置してしまいましょう。

それでも考えてしまう・・・という人へのここでのポイントは、「時間を決めて考える」という事です。ずっと考えれば答えが出るわけではありません。なぜなら、現状あなたには解決する能力がないか、その環境を持ち合わせていないため解決出来ないのであって、足を止めて考えている以上、答えを導き出せるわけはありません。

だって、分からないあなたのまま何も変わってないのだから。唯一の解決策は「動く事」です。分からない問題をいつまで考えてもあなたが正解を得る事はありません。何度も言いますが、現在のあなたには解決出来ないから分からないわけです。じゃああなたが進化すれば答えは見えてくるかもしれません。

なら、動きましょう。答えはそこにしかありません。あなたが動けば、環境が変わります。付き合う人も変わります。そうしたら感化されて、あなたも変わります。そうすれば、物事や過去への解釈も変わります。それがあなたの答えです。

そして、時間に上限をつけて考える事で、これ以上、考える事に時間を浪費しない!と心の中で固く決意し、問題を自分から切り離すのです。そして放置し、他の事に没頭する。仕事でも新しい恋でもなんでもいいです。そうすれば人生は進み出します。

時間は長くて1日。1週間・1ヶ月なんて論外。数年単位で悩むなんて、ただ寿命を縮めているだけです。さっさと動いた方が良いです。ポイントは考える時間を決める事、止まらない事、そして動く事です。

2:他の誰かが答えを持っている場合もある

あなたには解決出来ずとも、あなた以外の人間が答えを持っている場合もあります。なので、1でも挙げたように、動き出し、いろんな人と関わる事です。そして止まらずにどんどん進んで行く事で自然と答えが見つかるかも知れませんし、見つからないかもしれません。しかし止まって考えているだけでは、永久に何も得られません。

3:それが問題ではない場合もある

当時は死ぬ程苦しんだ、のたうちまわるほどの痛みや悩みであったとしても、時間が経ち、自分が進化または変化し、違う視点からその問題を眺めてみると、実は全然たいした事じゃなかったという事はよくあります。なので、すべての解決策は自分が変わる事。

そうするのが一番楽だし、成功者達はそれが最も幸せな選択だという事を知っています。成功者たちが輝いて見えるのは、正しい選択をしてきているからであり、それを追い求める姿勢があるからであり、能力や資質に恵まれているわけではないのです。さあ動き出しましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加