> 趣味・ライフスタイル > 徹底的に凹んだ時に気持ちを盛り上げる方法

徹底的に凹んだ時に気持ちを盛り上げる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.01

仕事でも恋愛でも、失敗して徹底的に凹んでしまった場合、どうやったら気持ちを盛り上げることができるのでしょうか。

でも、徹底的に凹んでしまった気持ちや気力を再び浮上させるには、崖を這い上がるほどの労力が必要なのです。気もちが凹んだ時にそんな労力を出す気力さえなかなか出るものではありません。そんな時、あなたはどうしますか?

過去はどうにもならないことを認めましょう!

過去はどうにもなりません。だからといって、気持ちが凹んだ後、即次へと進むことは気持ちがついていきません。「もしあの時~」「自分が○○していたら・・・」etc、後悔して人生行き止まりのような気持ちになることもあるでしょう。

でも、生きている以上、失敗は取り返せるのです。道に行き止まりなんて無いのです。自分で開くはずの扉を開けられないと思いこんでいるだけなのです。

ところが、気持ちが凹んでいる時は、物事をマイナスにしか考えることしかできないものです。引き戸なのに、一生懸命戸を押しているようなものです。

だからいったん落ち着かなければいけないのです。もし傍観者のように自分を客観的に見ることができたら、それが一番冷静で的確な判断ができるのですが、なかなかそうはいきません。

過去の事はいくら言い訳しても取り返すことはできないのですから、やってしまったことは仕方ないと潔く認める勇気を持ちましょう。過去はどうにもならないことをまず認めましょう。いつまでもウジウジシテいても仕方無いのです。

気持ちが凹んだら取り敢えず眠り、対策は朝考えましょう!

徹底的に凹んだ時に気持ちを浮上させるには、心理学的に眠るのが一番なのです。人は、思い出したくない記憶は現実逃避でできるように脳ができているのです。

もちろん忘れてしまっていい事と、忘れてはいけない事もあります。でも、ちょっとの間現実逃避してでも気持ちを前向きにしないと気持ちが凹んだままでは前に進めないからです。

反省したなら、失敗は取り戻せばいいのです。周囲に迷惑をかけたなら、過去を後悔しウジウジしていても仕方ないので、迷惑をかけた以上に将来に向かって役立てるようがんばれば良いのです。但し、そのけじめとして、頭を下げ、真剣に反省していることを周囲にもアピールしなければなりません。

失敗は隠すよりも被害が少ない内に潔く謝り打開策をどうにか打ち出すことができれば、却って信用に繋がります。但し、ペナルティとして、取り返しのつかない失敗とマイナス評価が将来にわたって響くかもしれません。それでも、それは失敗したのだから仕方ないのです。

現実を見つめて一番よい方法は、正しい道を真直ぐに進むことなのです。たとえその時マイナス評価をされ出世コースから外れても、実力があれば盛り返すことができるものです。だから勇気を出して前に一歩踏み出すしかないのです。

明日失敗しないように今日1日の反省を寝る前にしてから眠る、という人をよく聞きます。でも、眠る前にマイナス思考は良くないのです。不安を抱えたまま眠るのは眠りを浅くします。熟睡できなければ脳の疲れが十分に取れずに良い案も思いつかないものです。

だから、嫌な事があった時は、取り敢えず現実逃避してでも眠って脳を元気満々状態に復活させるのです。夜悩むよりも、朝早く起きて、太陽と青い空を見上げて考えるのです。その方が不思議と断然前向きな考えが湧いてくるのです。

余計な不安を取り除き、必要なことだけ考えるのです。「できるだろうか?」「また失敗したらどうしよう・・・・・・」ではなく、「やらなければならない」「やるしかない」「自分はできる!」そう考えるのです。

ただやみくもに考えるのではなく、もちろん前回失敗した原因や要因も発見しなければなりません。マイナス思考にならずに過去の失敗の原因を考えるには、結果ありきで考えることです。その結果を導くためにはどうすればいいのか、どうすべきなのかを考えるのです。

そして、「自分はできる!」と呪文をかけるのです。気持ちを切り替える精神力を身に付け、自分を信じる気持が自分の一番の味方なのですよ!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加