> 趣味・ライフスタイル > 十分な収入得られてる!?満足な収入と時間のある生活を考える

十分な収入得られてる!?満足な収入と時間のある生活を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.18

2014y03m17d_192948407

この不景気の社会では満足な生活ができていると答える人自体少ないのではないでしょうか?しかし、不景気な世の中だからこそ自分の生活と時間を大切にしていかなければ損です。今回は心のゆとりと自分の時間を大切にできて満足な収入を得ていくための考え方を解説していきます。

今の仕事に満足ですか?

現在の仕事をしていて、自分の理想の生活ができていますか?確かに仕事は生活をしていく収入を得る上で大切です。しかし、仕事は自分の生活があってのものだと考えるべきではないでしょうか?

生きていくために時間も個人も犠牲にしてただひたすら働いて、ゆとりも健康もない生活を一生していくなんて、やっぱりおかしいと思います。それなら知能を持たない別の動物と同じです。働きアリや働き蜂と何ら変わりません。

大切なのは、人間として豊かに生きていくことではないでしょうか?そのためにいかに自分の時間を作るかが一番大切なわけで、それでいて収入も得られるように考えていくべきです。まずは自分の生活の理想となる姿を明確にして、その生活に一番最適な方法で収入を得ていくべきなのです。

現在、ただ収入が必要で好きでもない仕事や好きでもない会社で働いているという人がほとんどでしょうが、収入も地位も上がっていかないし、自分の時間の余裕も許されない、将来的にまったく改善していく余地がない仕事をいつまでも続けるのは損です。

これからは自分投資が大切な時代!

これからの時代に大切なことは、自分投資です。いかに自分の理想や将来の自分のために投資をしていけるかです。今が辛かったとしても将来的に自由な思い思いの生活を手に入れることができるのであればいいのではないでしょうか?

現在働いている社会で、いつまでも収入も上がっていかないし、時間も増えていかないようなそんな負のスパイラルの中で働いているよりもよっぽどマシです。自分の将来の希望も夢も見出すことができなくて、どんなに頑張っても変わらないものにいつまでも努力したり苦労したりするよりも、自分のこうありたいという方向に努力したり苦労していった方がよっぽど将来のためになります。

また、アルバイトやパートなどでは、毎時間決まった時給が支払われます。それは技能に関係なく、集中力や結果に関係なく決まった収入がもらえて、一見するとすごく安定していて魅力的なように感じますが、その反面、この先もずっと同じ条件で働いていくことになるわけです。現在の仕事に満足しているのであればそれでいいでしょうが、少しでも不満がある場合、将来的にまったく改善していくことの見込めない仕事はかえって大きな足かせになります

自営業と起業の考え方

今や企業に勤めていても安定した収入を得られなかったり、年々社会環境が変わっていき、さらにはいつ収入が減ったり解雇されてもおかしくない状態です。どうせそんな不安定な状態で苦労して働くのであれば、自分で会社を興したり自営業を始めていった方が将来性があって効率的なのではないかと筆者は考えます。

これからの時代はより中小企業が前へ出てくる時代です。小回りのきかない大企業はどんどん不況の波に飲まれ、しかもその影響を一番真っ先に受けるのは、末端で働く人間です。

景気が良くなって業績が上がると、真っ先に得をするのは上にいる連中なのに、逆に業績が落ちて真っ先に損をするのは末端の社員なのです。それであれば、損得もすべて表裏一体で自分自身の事業を興していく方がより効率的な気がします。もちろん、まったく収入が得られない時期もあるでしょうが、軌道に乗ればその収益が全て自分のものになります。

将来の夢をしっかりとイメージして脳に刻み込む

何事においてもそうなのですが、自分の理想の生活を手に入れたり、夢や目標を達成しようと考えるのであれば、より明確な理想の将来像をイメージしておく必要があります。実は目標や夢を達成できるか否かは、たったこれだけにかかっていると言っても過言ではありません。いかに脳に明確な目標をインプットさせてあげられるかが大切です。

入り組んだ道を歩いているということを想像してみてください。そこで目的地やゴールがハッキリしていれば、いくら時間がかかっても最終的にはそこに到達しますよね?どこに行くにも目的や目的地があって行動します。そして、目的地に向かっていくわけですから、たどり着かないわけがありません。

実はこれとまったく同じことが将来の目標や夢においてもいえるのです。そして、成功者の多くが自分の夢や目標を達成しているのも、人よりも明確に目的地を思い描いているからなのです。

どうせ叶うわけがないという余計な固定概念は捨ててください。どこかへ目的があって行く時にどうせ着くわけがないとは思いませんよね?あたりまえに目的地に着きますし、そのために行動を起こしているのですから当たり前です。

しかし、どこにあるかもわからない、どう行けばいいのかも分からない場所であれば、たどり着けないかもしれません。目的意識を大きく妨げてしまうのが、この「どうせ叶うわけがない」というような固定概念なのです。

小さな目標の積み重ねと自信が将来のカギに!

まずひとつ、明確な目標を事細かにイメージしてみてください。何も難しいことではありません。自分がこうありたいという姿を妄想すればいいのです。そして、目的を達成したらこんな生活をしているであろうや、こんな車に乗ってこんな家に住んでいるでもいいですし、そうした達成したあとの状態をなるべく事細かにイメージするのです。

これができたら、あとはより小さな目標をいくつも立てていって、それをひとつひとつ叶えていくだけです。いきなり遠くへ行こうとしてもすぐにはたどり着かないでしょうが、いろいろな目的地を経由していけば、最終的にはゴールにたどり着きます。

小さな目標の一つ一つが大きな目標への経由地点となり、それらをひとつひとつ達成していくことで、確かな自信が生まれます。叶うはずがないと思っていたことも、今では叶うことが当たり前だと思えるくらいにまでなっているでしょう。そうした小さな目標の積み重ねと達成をした自信の積み重ねが大切になります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加