> 趣味・ライフスタイル > マイナス発言は厳禁な理由!セルフトークに気をつけよう!

マイナス発言は厳禁な理由!セルフトークに気をつけよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.05

人は言語で思考をしています。そして普段使用する言葉が脳へもたらす影響はとてつも無く大きいのです。マイナス発言をするとマイナスな思考になって、普段使っている言葉、あまり気にせずに使われているかとは思いますが、実は言語は自分の発展や幸福感に対してとても重要なのです。

例えばプラスの言語を使っているとプラス思考になりやすく、マイナスの言語を使っているとマイナス思考に陥りやすいのです。ですので、普段使っている言語はなるべくプラスの言語を使う様にしましょう。

人の悪口を言ってはいけない理由

人は言語を使って思考しています。もしも今あなたに「言語を使わずに思考してみて」と言ってもそれは難しいですよね?つまり発言をした事は思考に影響してしまうのです。

思考に影響するとは無意識に働きかけるという事。例えば、家族で野球中継のテレビを見ていて「やっぱりプロのピッチャーはすごいなぁ」と言うと、それがあなたに刷り込まれます。

そしてあなたが「バッターはもっとすごいよ」なんて答えると、自分の答えた「バッターはすごい」というのがあなたの価値基準の一つに組み込まれてしますのです。ですので、発言というのは気をつけなければなりません。

そんな中で、人の悪口を言ってはいけないのには理由があります。実は脳は主語を認識しないのです。ですので誰かの悪口を言うと、自分の悪口を言っているのに等しい事になってしまいます。

「○○君ってうざくない?」なんて言うと、自分がうざいと言っているのに等しくなります。
「○○君っていけすかない性格だよね」なんて言うと、自分がいけすかない性格だと言っているのに等しくなります。

そしてそれが無意識に刷り込まれてしまうので、自分の自己イメージを低めてしまう事につながる訳です。

他人を褒める

逆に言うと、人を褒めると自分を褒めている事と同じ効果が得られます。

「○○君は本当に明るくて素敵だよね」と褒めると、自分が明るくて素敵だと言ったのと同じ効果があります。
「○○君は本当に頭がいいよね」と褒めると、自分が頭がいいと褒めた事と同じ効果があります。

人前で自分を褒めると嫌な奴と思われるか、気持ち悪い奴と思われてしまいますよね。ですので、ぜひ他人を褒めて自分に帰ってくる様にして下さい。

ちなみに、自分で自分を褒めても自己意識が上がるのです。もちろん一人でいる時に行う事をオススメしますが、常に「自分はスゴイ」とか「よくやった」という様に自分を褒める発言を繰り返して下さい。

こういう風に働きかけるトークをセルフトークと言います。プラスのセルフトークを繰り返して自己イメージを引き上げて下さいね。

マイナス感情もセルフトークの一つ

発言はプラスで無くてはならないと言いましたが、では思考はどうなのでしょうか?例えば、セルフトークを使って人を褒めたり自分を褒めたりするのは良い事だと言いましたが、思考自体でも人や自分を褒めるべきなのでしょうか?

実は、思考も同じ様にセルフトークするべきなんです。頭の中で「あの人なんだかムカつく」と思ってしまうと、結局言葉で発言したのと同じ事になってしまいます。思考自体もプラスの事を思う様にしましょう。

素敵なボキャブラリーを増やしましょう

言葉や思考をプラスに持っていく有用性は説明しましたが、次にあなたの世界観を広げる方法をお伝えします。思考は言葉でしているという事は、使えるプラスのボキャブラリーを増やすと、それだけ世界観が広がるという事なんです。

素敵な言葉をどれだけ知っているかで、どれだけ素敵な思考が出来るかにつながりますし、力強い言葉をどれだけ知っているかで、どれだけ力強い思考が出来るかにつながります。

ですので、なるべく素敵な言葉が書かれている本を読み、素敵な表現が使われている映画を観て、素敵な歌詞の音楽を聴く様にしましょう。そうすると、みるみる内にあなたに素敵なボキャブラリーが蓄積されて行き、どんどん素敵な思考となっていきます。

そして素敵な思考から発言される言葉も素敵な言葉として出てくるので、あなたは周りの人に素敵な影響を与える事が出来るでしょう。

最初は意識的に

こういったセルフトークは、慣れてくれば自然と出てくる様になりますが、最初はなかなかスッと出てこないかも知れませんね。ですので、最初は意識的に繰り返しましょう。意識的にプラスの発言を繰り返し、自然と出てくる習慣が付くまで何度も何度も繰り返して下さい。

そして自然にそれが出来る様になった頃には、あなたはもうワンランク素敵な人になられているはずですから、ぜひ試してみて下さいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加