> 趣味・ライフスタイル > 快適パソコンライフにMACを!MACの魅力と使いかたを考える!

快適パソコンライフにMACを!MACの魅力と使いかたを考える!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.16

2014y03m14d_145110018

インターネットが普及して誰もがマイパソコンを持ち歩く時代となりましたが、現代ではパソコンの選択肢にも様々なものがあります。そして、Macはその魅力的な選択肢の一つです。今回はWindowsとはまた違ったMacの魅力と機能性について考えていきます。

Apple社のMacを使う魅力!

Windowsのパソコンは世界で最もシェアされているパソコンですが、近年とても有名で人気があるのがMacです。MacはApple製品ブームも追い風となって、現在では多くの一般人にも利用されるようになりました。

その洗練された飽きのこないデザイン性とアップルのシンボルマークであるリンゴのマークは、もはやステータスともなっています。特にMac Book Proでは、とても実用性のあるプロフェッショナルな現場に耐えうるパソコンとして、デザイン性や機能性はもとより、耐久性と汎用性に優れていますし、普段の仕事の現場ではWindowsが主流ですから、仕事とプライベートをキッチリわけたい人にとっては、仕事で毎日使っているのと同じ画面を見なくて済む分、Macはとても魅力的に映ります。

そもそもこうしたWindowsやMacといったパソコンの違いは、メーカーから来るものなのでしょうか?それであればWindowsのパソコンは実に多くのメーカーから出されています。パソコンの大きな種類の違いは、OSと呼ばれるメインで入っているソフトウエアの違いによるものです。

パソコンとはもともととても高性能な機能を備えた機械の塊でしかありません。それを音楽から仕事からプライベートからと、非常に便利なものにしているのは、ソフトウエアであり、これらの機械の塊を制御してパソコンとして機能させている大元がOSなのです。OSがなければパソコンは電源すら入りませんし、そもそもこのOSこそがパソコンの核となっているのです

Macはクリエイティブなプロの現場で最も使われるPC

Macは、プロの現場ではかなり多く使用されています。Windowsのパソコンの方が、よりビジネス用途では使用されているものの、古くからクリエイティブな活動をしているプロの現場ではMacが多く利用されてきました。

その理由として、機械自体の性能の高さやOSの機能性の高さがあります。クリエイティブな作業、たとえば音楽製作や動画の編集などでは、非常にパソコン自体に高負荷がかかる作業が中心となります。そうした作業も難なくこなして安定性の高いパソコンが求められるのです。しかも、それを比較的手頃なもので済ませて、いちいち自分でカスタマイズしなくとも既存の製品のデフォルトの状態でしっかりとした機能を持ったパソコンとなると、圧倒的にWindowsよりもMacのほうが優れているのです。

プロの現場では、大抵デスクトップパソコンを使用します。その方が機能や性能が高いですし、壊れづらいからなのですが、Macを使用するプロはノートパソコンを使っている人も多くいます。それだけMacはノートパソコンの中でももっとも実用に耐えうる高度な機械だということを証明してくれています。

セキュリティ面の高さ

また、MacはOS的にWindowsよりも非常にセキュリティ面の高さが大きな持ち味となっています。古くからMacにはウイルスとは無縁のハードウエアだと言われ、セキュリティ対策をするのはWindowsの宿命ですが、Macはなんのそのでした。

近年ではもちろんそういうことはなく、Macでもしっかりとセキュリティ対策をした方が良いのは間違いないのですが、こうしたMacの安全面の高さには2つの理由がありました。

まず一つが、ウイルスを作っているのも結局は人の力で作っていますから、シェア数が少ないMac向けにウイルスを作るよりも、圧倒的に利用者数が多いWindows向けのウイルスを作る方が実践的ですので、一昔前まではMac用のウイルスがほとんど出回っていませんでした。

そして、もう一つがMacのOS自体のセキュリティの高さです。Windowsは管理領域まで比較的誰でもアクセスできる構造になっていますが、Macではいちいちパスワードを必要としたり許可がいるなど、セキュリティ面でもともと強い構造になっています。こうしたあらゆる面での性能の高さが、今日のMacを支えています。

iMovieの実力と快適動画編集

Macには様々なソフトがあらかじめインストールされており、Macを購入すれば無料で様々な操作ができるのですが、その中からひとつ、あえて参考程度に紹介すると、「iMovie」というムービー編集用のソフトがあります。これがなかなか高性能で、よほど専門用途でのムービー編集でない限りは、十分すぎるほどの機能を備えています。

映像を加工したり音声を加工、アフレコで音声を入力したりバックグラウンドに音楽を再生する、マルチスクリーンで一つの動画に複数の映像を埋め込むなどの機能が無料ではじめから利用できます。YouTubeなどへの共有もiMovieを利用することで高画質のままアップロードできるなど、iMovieはとても高機能な動画ソフトです。

タイムマシーン機能でリアルタイムでバックアップ

Macにはタイムマシーンという機能が備わっており、これは外付けハードディスクへのデータのバックアップを円滑にしてくれます。基本的にバックアップといえば、外付けHDDに手動でおこなうか、専用のソフトを使ってその都度おこなうしかありません。

しかし、Macにはあらかじめタイムマシーンという機能が備わっていることで、HDDを接続するだけで連携してリアルタイムでデータをバックアップしてくれます。万が一Macが壊れて修理に出して空っぽになってしまったとしても一からデータを入れ直す必要はなく、また同じように利用していくことができるのです。

Boot CampでWindowsに早変わり!?

最後に、Macの裏ワザ的に便利な機能の紹介です。WindowsにもWindowsの良さがあり、MacにもMacの良さがあります。WindowsユーザーがいきなりMacに買い替えると、色々な面で不便するでしょう。

第一、一般用途でパソコンを多く使用するユーザーはフリーソフトも多く使うでしょうが、未だに世界シェアの観点からMacに対応しているフリーソフトは少ないのです。こうした観点からMacとWindowsを2台持ちして使い分けるユーザーも多いのですが、そんな面倒な手間を払拭したのが「Boot Camp」という機能です。

これを使えばMac製品にWindowsのOSを入れることができ、ワンタッチでWindowsとしても、Macとしても起動できるようになるのです。こうした機能はWindows製品には真似できない部分で、Macだからこそできる機能です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加