> 趣味・ライフスタイル > これで仕事が頑張れる!お給料の素敵な使い方

これで仕事が頑張れる!お給料の素敵な使い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.11

皆さん、日々のお忙しいお仕事、ご苦労様です!毎朝早くに出勤し、神経をすり減らしながら仕事に勤しみ、そして、夜遅くにやっとこさ帰宅。このような生活を送ってらっしゃる方も少なくないのではないでしょうか?

ただでさえしんどい仕事です。その仕事にやり甲斐を見出さなければ、身も心ももちません!そこで、今回は、皆さんが仕事にもっともっと打ち込むようになるために、とっておきの方法をお教えします。それは、ズバリ「給料を素敵に使うこと」です!お給料の使い方ひとつで、とてつもなくしんどい仕事でもより一層頑張って取り組めるはずです。仕事へのやる気を失くしかけている方は是非とも実践してみて下さい。

頑張った自分へのご褒美に「プチ贅沢」

月に一度の待ちに待った給料日。その直前は、金欠で生活するのもやっと、という経験はどんな方にもあるのではないでしょうか。毎日汗水を垂らして、あるいは上司と部下の板挟みの中で働いてきた自分へのご褒美として、「プチ贅沢」を自身に与えてみてください。

たとえば、「ちょっと高い値段だなぁ」と思い、普段は入ることのなかったご飯屋さんに行ってみたり、食後のデザートにいつもは買わないチョイ高のスイーツを買ってみたり。ちょっとした贅沢、「プチ贅沢」をしてみましょう。

ポイントは、普段はちょっと手が伸びないことをやるという点です。お給料が入ったからといって気持ちが大きくなり、「かなりの贅沢」をしてしまってはまた給料日前に困るだけです。ちょっとした贅沢をするだけで、あなたの心は大きな満足を得るでしょう。「あぁ、幸せだなぁ〜」とチョイ高スイーツを食しながら、明日からまた始まる仕事への鋭気を養えるはずです。

欲求を満たすためにお給料を使う

言うまでもありませんが、仕事の代償として、働いている人に与えられるのがお給料です。しかしながら、給料を貰うために働いているのでは、「お金」の価値を存分に味わうことができません。

「給料」のために働くのではなく、「自分の楽しみ」のために働けば良いのです。たとえば、「あの洋服が欲しい」であるとか、「あの車を買うんだ!」という自分自身の欲求を満たすために、仕事を頑張り、お金を稼いでみてはどうでしょうか?

本来、お金は「物」や「サービス」などと交換するための手段です。一生懸命働いて得たお金で自分の夢を叶え、幸福感を得ることは、「お給料」のありがたさを存分に味わえる一番の方法だと言えるでしょう。

恋人へプレゼントをあげるために働き、喜ぶ恋人の顔を見るだけでもあなたは幸せに感じられるはずです。働く辛さの先に自分の幸せを見出すには、お給料の使い方がとても重要になるわけです。

もちろん、「プチ贅沢」や欲求を満たすために、給料のほとんどを使ってしまい、生活がままならない状況になってしまうのはいけません。節度あるお金の使い方は大切です。と同時に、仕事のやり甲斐を感じるためには、お給料を賢く使うことも必要なのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加