> 趣味・ライフスタイル > 何事も無駄にならない?苦しい体験から見つかる才能の種

何事も無駄にならない?苦しい体験から見つかる才能の種

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.10

あなたはこれまで体験した中で、辛いこと、苦しいこと、乗り越えてきたことなどはあるでしょうか?それはフルマラソンのように体力を使って目標達成することかもしれませんし、何かのスポーツかもしれません。

勉強や仕事で良い結果を出すまでに色々な努力をしたことがあるかもしれません、何か病気や健康が崩れたのを回復するために試行錯誤したことがあるかもしれません。そうした自分が体験した苦しい、辛いということは他の人も同じように感じていることで、その解決策を求めている人がいるかもしれません。

苦しさの解決が才能になるかもしれない

もし、あなたがダイエットに成功したいと思っているなら、全くダイエットをしたことがない素人の人が勧めるサプリメントか、それともダイエットに試行錯誤して何年もかかりようやく成功した人が勧めるサプリメントならどちらを買いたいと思うでしょうか?

素人の人がよほど仲がよかったり、何らかの実績がある人じゃないと、それだけダイエットに全身全霊をかけた人のほうを頼りにしたいと思うかもしれません。それだけ、何かに苦しんだり解決するために試行錯誤したり、夢中になって新しいものを時間をかけて作りだした人というのは、同じ状況にいる人にとって心強い味方になります。

中には中々人に話せない悩みを抱えていて、一人でずっと悩んでいる人がいたら、その人と同じ悩みを抱えていて、それを解消した人がいれば唯一の頼れる存在になるかもしれません。

本人はそれに気付かないかもしれませんが、たとえば大好きな歌を歌っているだけで聴く人が感動したり、話が好きな人の話を聞くとワクワクして面白いというように、周りに与える影響は大きいです。それが苦しいことや悲しいことなど、より深い気持ちに関することならそれの専門家や同じ状況を解決した人など求められることが多いです。

人生経験がその人のオリジナリティになる

もし何らかの辛い、悲しい、頑張った経験などがあれば、それは同じ悩みを抱えた人の悩みを解決するための才能として現れたのかもしれません。なぜなら、同じ状況で全ての人が同じように行動するわけではなく、たとえばダイエットに諦めた人はそのまま違うことで楽しもうとする人もいるでしょうし、トレーニングにハマる人もいるかもしれません。

ですが、ダイエットをしないとと決めて何年も試行錯誤してダイエットをする人は限られていることが分かれば、自分がそうしたのにも意味があると思います。それはよりダイエットに誰よりも詳しいということで本を書いたり、動画で伝えたり、悩みを持っている人を導くコーチングしたり出来るかもしれません。

その時は苦しいと思っても、投げ出さずに行動し続けることが良い悪いというより、続けられることにオリジナリティがあるのではないでしょうか。続けられない人が悪いわけではなく、その人はその体型を活かして、より深みのある声を活かして歌手の道に進むことが出来るかもしれません。

ですが、もしダイエットに誰よりも時間と労力を使ったのなら、それはその人のオリジナリティと情熱で、その方法を知りたい人もいるのではないでしょうか。

自分の解決策が他人の解決策になる

自分が「これを解決したい」と思って夢中になったりし試行錯誤したものは、少なからず誰かも同じ悩みを抱えているかもしれません。ですが、その人は自分と同じようにその解決策を追い求めているわけではなく、誰かを頼りにしたいかもしれず、それが自分になるかもしれません。

ただ、悩みを解消する仕事のニーズは大きく、病気や健康になることはその例で、沢山の人が病気を治したい、健康になりたいと力を入れています。仕事でももっと良い仕事をしたい、人間関係でももっと良い人間関係にしたいなど、悩みを持っている人と解決策を提供出来る人の間にはお金が価値の交換のツールになると思います。

なので、もしもっとお金が欲しいとか、自分が悩みを解決した方法で誰かの悩みを解決してあげたいと思うなら、それを商品サービスにすると、求めている人が欲しい形で提供出来るかもしれません。

そして、それだけ情熱を注いで出来た解決策やツールなどの商品サービスは、それだけ自分の思いがこもっているので、求めている人に安心感と信頼を与えることが出来るでしょう。

ただ何となくお金が欲しいからといって出来あがったものとは違い、それに対する思い入れがお金を超えてその人を自分も感じていた辛さや痛みから解放してあげたいという情熱が加わります。

どんなブランドもそうした思い入れや情熱、こだわりがあり、だからこそそれを求める人がファンになり、心をつかんで離さないのではないでしょうか。自分が提供出来る価値は何でしょうか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加