> 趣味・ライフスタイル > たくさんのクレジットカードを上手に管理する方法

たくさんのクレジットカードを上手に管理する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.27

ついついたくさん持ってしまったクレジットカード

最近は年会費無料のクレジットカードも多いですし、入会時のキャンペーンというような時には、ギフト券やポイントがもらえたりしますので、とりあえず作っておこうかという気持ちになることもあるでしょう。

そうこうしているうちに枚数がどんどん増えてしまったということもあるかもしれません。次の年から総額いくら以上使用しないと年会費がかかるというようなこともありますので、放置出来ない場合もあります。そう考えると、何枚もクレジットカードを持っていることは、実は損なことかもしれないと思う気持ちも出てくるでしょう。

平均的には一人の人が持っているクレジットカードの枚数は3枚だそうです。そう考えると自分は多いかもしれない・・と思う人も結構いると思います。

一度整理をしてみましょう

このカードはこの時、こういう理由で作ったということを一度整理してみる必要があります。それによって、このカードは今後必要性があるのか無いのかという事も分かるかもしれません。つい勢いで作ったカードと、慎重に考えて作ったカードでは思い入れが違うということもあると思います。

でも思い入れだけで選ぶというわけにもいきません。なぜなら結果としては勢いで選んだカードの方が特典が多く、ポイントも貯まっているというような現実があるかもしれないからです。実際にこのカードにはこれくらいポイントが貯まっていて、有効期限がいつぐらいというようなことも一緒に考えてみましょう。それによってこのカードを使うかストップするか決まる場合もあります。

クレジットカードの1本化が必要かどうか

クレジットカードを1枚にすることにより、とても管理がしやすくなるということはあると思います。光熱費、ショッピングなどにおいても、すべて同じクレジットカードで行うというのも一つの方法です。

でもそれによって、本当に得なのかということはよく考える必要があります。年会費は無料とはいえ、せっかく審査に通ったクレジットカードなのですから、必要性についてしっかり考えなければいけません。そのために平均として3枚を持っている人が多いのだと思います。

必要性に応じて使いこなすことが出来ることがベストです。そのためにはそのクレジットカードの特性をよく理解する必要があります。そのクレジットカードのことをよく知らないまま作ったとしても、今が特性をよく知るチャンスです。

それぞれのカードの特性を理解した上で

それぞれのメリットやデメリットがあると思います。それらを理解した上で、このカードをメインカードにしよう、そしてこのカードをサブカードにしよう、そして旅行の時はこのカードというように用途に合わせて決めてもいいですね。

今まで何気なく色々なカードを使っていたり、放置していたようなクレジットカードを見直すことにより、大分すっきりしてくると思います。そして生活がしやすくなり便利になることでしょう。

たくさんのカードを保有したままにするよりも、2、3枚のクレジットカードをうまく使いこなせるということは、本来クレジットカードを使う人間としては一番良いことではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加