> 趣味・ライフスタイル > 子育てで大切なこと、そして多くの親がやっていないこととは?

子育てで大切なこと、そして多くの親がやっていないこととは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.22

子育てによって子供の人生が決まるといえるほど、子育ては大切なことというのは誰もが知っています。ですが、それによって大人になってからも人生の行動や考え方などが決まるということを知っている人は少ないようです。

これは、子育てをするときに子供にとって何が大切なのかをしっかりと学んだ人でないと難しく、大抵の場合はトラウマや制限を身につけて、それが大人になっても取れることがない人が多いようです。では、どういう子育てがベストなものなのでしょうか。

自分のことを好きになること

小さいころから自分のことを好きになることはとても大切なことで、今の大人たちを見ていると自分のことが好きでわくわくしている人はほとんどいないのではないでしょうか。

ですが、幸せに成功している人を見ていると、自分が好きという軸はしっかりブレずに持っています。これは、大人になってから自分で学んで身につけていくことは出来ますが、小さい頃にそれを身につけることが出来れば、大人になってから頑張って自分を好きになるために思考錯誤しなくてすみます。

人によってはトラウマが沢山あり、それらを1つ1つ解かないと自分を好きになれないままで、制限のある生活をしてきた人もいます。では、自分を好きになるにはどういう教育をすればいいのでしょうか。

それは、出来るだけ自分が好きなこと、やりたいことをやらせてあげて、自分は制限をかけたりおせっかいをしないで見守ってあげることです。

余計に世話をすると、何かあると親に頼ってしまう癖がつくと、これからの人生でもやりたいことをやっていて、すぐにやりたくないことがあれば親に頼り、自分のやりたいことが出来なくなります。

逆に、なんでもかんでも親の言うとおりにやらせると、自分のやりたいことが分からなくなるでしょう。その子を信頼し続けることが大切です。

制限をなるべくかけない

ほとんどの親は、あれやりなさいこれやりなさいとやりたくないことをやらせる傾向があります。子供がゲームをやりたいといっても、お風呂に先に入りなさい、ご飯を先に食べなさい、まるで子供と常に正反対の意見を持っているようです。

子供のせいにしたらそれでおしまいですが、それが子供の将来にどれだけ大きな影響があるかが分かりません。なぜなら、自分が何かをしようとしても、その前に何かやらないといけないという信念が植えつけられると、仕事でも生活でもこれが起こります。

たとえば、仕事を始めても上手くいくにはひと山越えないといけないという信念を持ってしまうことがあります。これは、ビジネスマンにとっては致命的なことではないでしょうか。

もちろん、熟練したビジネスマンであれば、ビジネスは最初から上手くいかないからだんだんと積み上げていくものだということは分かりますが、ビジネス経験がない人は成功しそうになると、逆に「もうひと山あるんじゃないか」と不安になり、それが現実に起こります。
自分で問題を引き寄せることになります。

親から言われた一言が、人生で大きな問題になることはこういったことだけではありません。逆に、小さいころから褒められ何でもやらせてもらえる環境にいた人は、若いころから成功している人がどの分野にも共通しています。

小さい頃の教育は、大きくなってから理想の人生を送るために大切なことです。「そんなこと出来るはずない」といわれて育てられた人は、そこから抜け出さない限り、理想の人生を送ることは出来ないでしょう。

理想の人生は送れるはずがないという信念を持っていることになるからです。なので、小さい頃は可能性が広がる言葉を言ってあげる、教えてあげるという教育が子供にとって最高の贈り物といえるでしょう。

学校は制限される場所

こう考えると、学校は制限だらけの場所だと分かります。これは、誰でも小さいころから感じることですが、それが当たり前になっているのが現状ではないでしょうか。

やりたくない勉強も頑張ってやる、やりたくないテストも良い点取るために頑張る、1日のほとんどを学校で過ごすため、やりたくないことをやるのが当たり前という信念が小学校から高校、人によっては専門学校から大学を通して、しっかりと身に付きます。

すると、人によっていくつかの考えをもちます。1つは制限の中で生きることで安心して生活することが出来るという考え、もう1つは制限ばかりの生活から抜け出したいけど怖くて抜け出せないという考え、どちらが良い悪いではありませんが、1つ分かることはどちらも制限の中から抜け出すことが難しいということです。

そして、大抵の人の夢や目標は制限の外にあること、これは部活や趣味などでチャレンジしている人にとっては分かるでしょう。そうした制限を小さいころからかけてしまうと、大人になればなるほど抜け出すのが困難になります。

とはいっても、学校は義務教育になっていたり必ず通わないといけないと考える人もいますが、現在では色々な施設が誕生しており、制限を出来るだけなくした学校というのも出来てきているようです。そうしたところで可能性を感じあえる友達と過ごす時間はかけがえのない経験になるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加