> 趣味・ライフスタイル > 自分の限界を取り払いたい人は、困難を笑い飛ばす力を手に入れよう

自分の限界を取り払いたい人は、困難を笑い飛ばす力を手に入れよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.08

2014_2_81

皆さん自分なりに懸命に生きていて、もしくは働いている中で自分の限界というのもにぶつかってしまった経験が一度ならずもあるのではないでしょうか。

自分の敵はいつだって自分の敵ということなのか、ビジネスをしていて直面する問題の多くは、何も恐れず思い切りぶつかっていくことで、乗り越えられるものばかりで構成されているものです。

しかし、壁に向かって思い切りぶつかっていくというのは、思っているよりも難しいことなのですよね。人によっては、どうしてもその一歩が踏み出せずに壁が越えられない、諦めてしまったことがあると思います。

そんな自分の限界というのは、何度も壁を感じて諦める度にどんどん狭まってしまうものです。どうすれば現状を打破出来るのか、自分の限界を突破出来るのかということは、いつの時代も多くの男性が悩んできたことなのです。

そこで、ここではそんな自分の限界を取り払う一つの方法をご紹介します。それは、どんな困難でも笑い飛ばす力を手に入れる、という考え方です。

人は自分の限界を自分で決めてしまう

人の精神構造というのは非常に複雑に出来ています。そんな心の動きの一つにフレーミング効果というものがあるのです。これはフレーム、つまり自分自身を自分で決めた枠組みの中に落としこんでしまうという心理作用のことです。

何となく苦手なことや嫌いなものに直面した時、人間は無意識の内に自分の枠、つまり限界を決めてしまうのです。

本来は車の運転が大好きで、趣味は休日に愛車を走らせてドライブに行くことだ、という人がいると仮定しましょう。その彼がある日いつものようにドライブをしていて、交通事故を起こしてしまいます。自分は怖い思いをして大怪我をしてしまい、大切にしていた愛車も廃車になってしまいました。

そんな彼が怪我から回復し、また新しく車を買って走らせてみたところ、これまでなら何も気にせず出来ていたのに、何故か運転時の瞬時の判断が出来なくなってしまう、という状況を想像出来ますか? スピードが以前より出せなくなるでも、視界の悪い曲がり角では鼓動が早くなって落ち着きを無くしてしまう、でも構いません。

トラウマのようなものですが、一度事故という嫌なものに直面してしまったがために、その経験から自分は運転に向いていないんだ、事故を起こしたくないんだという無意識の気持ちが強くなり、本来持っていたドライビングテクニックを封じてしまうのです。

これが何度も事故にあっていたりすれば、その人は車に乗らないようになってしまうかもしれませんよね。この、本来出来るはずなのに自分の経験などから自分自身の限界を作ってしまう、というのが失敗の構造なのです。

自分の枠を取り払う方法

そうして出来た自分の限界、枠というのはなかなか簡単に壊せるものではありません。しかし、それを壊さないことにはあなたはそこから先のステージへ足を進めることが出来ないのです。だからこそ、どんなにピンチな状況でも、どんなに無理だと思う状況であっても、とにかく困難にあった時は笑い飛ばす癖をつけましょう。

人間は精神の動きに肉体の方も引きずられてしまう生き物です。落ち込んでいる時は何だか元気が無かったり、体調を崩しやすくなったりしてしまいます。逆に、空元気でも良いので元気に振る舞っていれば、体の方も表情につられて元気になるものなのです。

だからこそ、引きつり笑いでも良いので何か困ったことがあったら、取り敢えず声に出して「そんなものが何だ、大したことない」と笑い飛ばして欲しいのです。

一度悲観的になってしまうと思考が鈍り、足が止まってしまいます。また、その課題や困難に挑戦する気力も湧いてこなくなってしまいます。そうするとその経験からフレーミング効果によって自分に限界を作ってしまい、結局困難に太刀打ち出来ないという悪循環を生み出してしまうのです。

人間、楽観的になっていれば、何となく理由はなくとも何とかなるような気がしてくるものです。落ち込んでいても事態は一向に良くなりませんし、目の前の困難も無くならないのですから、ならばせめて笑うだけ笑ってやれば良いのです。

笑うことで精神的な余裕が出来ますし、落ち込むことを防ぐことが出来ます。そうすれば肉体的にもコンディションを落としにくい上に、余裕があるので対応を考えたり、実行したりすることが出来るようになります。

手と足が止まり、心の余裕まで失ってしまっては、自分の限界を越えるどころではありません。何か嫌なことがあった時、困難に遭遇してしまった時、諦めてしまいそうな時程思い切り笑いましょう。

そういう状況で笑うことの出来る人は周囲から見て頼もしく見えますので、たった一つその方法を守っているだけで、貴方の周囲には貴方を助けてくれる人が集まってくるようになるのです。

どんな状況も、自分自身の考え方一つで見方は大きく変えられます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加