> 趣味・ライフスタイル > 人生を形作るものと、コントロールするものを理解し活用する方法

人生を形作るものと、コントロールするものを理解し活用する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.06.19

こんな経験はありませんか?頭ではこれをやりたいと思っていても、なぜかそれをやる気にならない。もしくは楽しく過ごしてはいるけれど、何をすればいいのか分からない、何が自分の本当にしたいことなのか分からない。

人生を形作るものとは?

そうした経験は、自分が思っていることと感じていることが違う時があり、そうすると自分が「これをやろう」と思っても出来なかったり、人生のバランスが取れていると感じる時でも何をやればいいか分からないといったことがあります。

この2つが上手く噛みあうと自分が理想と思える人生が実現出来る可能性が高まりますが、気持ちがそっちを向いていても頭で考えていることが後ろを向いていたり、その逆もあります。

自己啓発やビジネス関係の本では、思考に関して教えているものと感情に関して教えているもの別々のものもあり、中には思考だけこうすればいいんだというもの、もしくは感情だけこうすればいいんだというものがあります。

よくある目標は紙に書くと実現するというものは、思考で考えて「こう出来たらいいな、こうなりたいな」と形作る、方向づけるものです。

そして、その時に自分の良い気持ちを感じることも大切ですが、だからといって実現しないものがあるのは、その方向に進むことに対して気持ちのブレーキがかかるからです。

例えば、隣のコンビニまでジュースを買いに行くのは危ないから行ってはいけないということはあまりないと思います。

ですが、これから起業して自分のしたいことをやるぞと決めた時、ジュースを買いに行く時みたいに気軽にスタート出来るでしょうか。

やることは違っても人間が行動することには変わりないのに、それだけ出来るか出来ないかが変わってくるのは、自分の中の心のブレーキが働くからです。

心のブレーキを和らげて理想の方向に進む、その理想の方向は頭で考えること、思考がやることで、思考が人生を形作るものといえます。

人生をコントロールするものとは?

そうした思考が形作る自分の人生の方向性は、自分が心地よさ、気持ちよさを感じることと痛みを感じることによって変わります。

自分がこうしたいと思うことは、過去に楽しい経験をしたこと、「こうなったらいいなぁ」と思えるような出来事があったことによって、人生の方向付けをします。

わざわざ自分が嫌だと感じる方向に進むために方向付けをする人はいなく、その痛みが大きいほどそちらから外れるようにします。

ですが、方向づけだけで必ずしもそちらの方向に行けるかというと、さっきも出てきた心のアクセルとブレーキによって変わってきます。

自分が理想の方向に進みたい、進みたい方向も分かってる、でもそちらへ進めないのは人生を形作る思考と別のものがあるからです。

それは感情で、自分の人生をコントロールする感情は、いくら思考で思い描いてもそちらへ進めない強力なブレーキをかけることがあります。

自分がこれをやりたい、でも出来ないということがあればアクセルよりも強いブレーキがかかっているからで、そのブレーキを和らげないとそちらへ進むことは難しいでしょう。

思考と感情を理想の方向に活かすには?

なので、この2つを活用出来ないといくら進みたい方向があってもそちらへ進むことが出来ず、逆にいえばどちらも活用出来れば自然と進みたい方向へ進めます。

ダイエットしたくても出来ない人がいるのと同じように、ダイエットを意識したことがない人で全然太らない人、トレーニングが苦にならない人、どちらも自然と太る方向、痩せる方向へ進むのではないでしょうか。

そのためには思考の方向付けもありますが、心のブレーキがあまりかかっていないと自分では意識しないぐらい自然なことでもそれが実現することがあります。

そのためには思考と感情を活かすことですが、まず思考を活かすには自分の行きたい方向性を決めることです。

そのために紙に目標を書いたりなりたい姿、行きたいところなどの写真を集めてコルクボードなどに貼って、こうなりたい方向性を意識してみます。

すると、そうなるために脳は五感を通して周りから情報を集め、そちらの方向に進むために大切なものが意識出来るようになり、それ以外のものから意識が外れるようにだんだんとなってくるでしょう。

そこで心のブレーキがかかってなければ、コンビニにジュースを買いに行くようなもので、「これ欲しい」と方向性が決まったらパッと行動してジュースを買うことが実現します。

ですが、中々方向性に進めない時は新しいことをやる時にかかる現状を変えたくない人の気持ちの作用、それをやると痛い目にあうといった過去の記憶に基づく出来事の解釈などが心のブレーキになります。

それらのブレーキを外すには、過去の記憶の感じ方、考え方を変えて行動を変えたり、自分の心の動きを知って、怖いところには思い切って飛び込むなどして、ブレーキを和らげます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加