> 趣味・ライフスタイル > 孤独でどうしても辛い時に思ったほうがいい事とは?

孤独でどうしても辛い時に思ったほうがいい事とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.06

孤独感に包まれた毎日になっていませんか?

前の恋愛も遠い昔で、友達ともいつのまにか疎遠になってしまい、昔みたいに交流が密ではなくなったという人も少なくないかもしれません。お互いの環境が以前と変わってしまいますと、共感できる部分が少なくなってしまったり、共通の話題が減ってくるというのも原因の1つかもしれません。

このような場合には、どうしても孤独というものが襲いかかってくるものですが、これを嘆くばかりではなく自分が今よりも成長をするチャンスだと思ってみましょう。人間社会で生きていく為には、まったく人と関わり合わないというのが難しいように、まったくの孤独だと思っても実際には違ったりします。

孤独を楽しめと言われても・・・

孤独が好きだという人も、割合からいったら人と接しないほうがいいというだけで、まったく人と接したくないという人のほうが少ないケースが多々あります。しかし、人ともっと接したいにも関わらず、そういった出会いが無くて孤独感に苛まされているという人もいるでしょう。

そのような場合には、孤独から逃げる事だけを考えずに、なぜ自分は今こうやって孤独なんだろう?という事を思ってみましょう。いろんな原因や要素が出てくるかもしれません。そうしたら、それを今は改める為に与えられた期間だと思ってみましょう。

つまり、この先に出会いがあったとしても、同じような孤独感を味わうような結果にならない為の準備期間だと思うのです。孤独が辛いと思っている人は、いくら孤独を楽しめと人から言われたとしても、辛い物を甘いと思えと言われているようでピンとこないと思います。

次の為に今があると思ってみましょう

先の為と思うならば、まだ希望という名の下に少しでも孤独を乗り越えようという気持ちが湧いてくる可能性もあります。今の孤独が過ぎたら孤独じゃなくなるけども、それが長く続くかどうかは、今の孤独をいかに過ごすかに懸かっていると思えば、生活に張りも出てくるというものです。

次に友達ができたら、自分はこうしようとかああしようとか考えたり、今の自分にできる事は何なのか?という事を考えたり思ってみるのもよいでしょう。そして、今の自分に足りないものを見つけた場合には、それをどうしたら自分に足す事ができるのか?という事を考えて答えを探すのもよいでしょう。

答えが見つかったら、それを実践するうちに以前とは違った自分になっているのに気づくと思います。そうする事によって、新しいあなたにふさわしい人達との出会いが訪れる事でしょう。

孤独感から逃げる事だけを考えているよりも、次の新しい出会いに向けた準備期間だと思ったほうが、いつのまにか孤独さえも楽しめるようになっていたという幅広い結果になって、新しい出会いにも結びつくのかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加