> 趣味・ライフスタイル > 筋肉マニアにおすすめ!スポーツジムで行う筋トレの効果的なメニュー

筋肉マニアにおすすめ!スポーツジムで行う筋トレの効果的なメニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.09.05

やはり何時の時代も鍛えあげられた肉体というのは、男性美、男の魅力の最たるものです。太っているから引き締めたい、人よりも細いので筋肉を増量して格好良い体になりたい、本格的なトレーニングマシンを使ってみたい。

人によっては、「時間があるから今週は毎日でもスポーツジムに行きたい!」なんてお考えの方もいらっしゃるでしょう。スポーツジムはあくまで運動するための場所ですから、行ったからには有酸素運動なり筋トレなりしなければなりません。

とはいえオーバーワークも困りもの、時間がある内に出来るだけ効率よく鍛えたい、ジムにたくさん通って体を造りたいという方はどうすれば良いのでしょうか。

分割法を利用すれば、より肉体を追い込みつつ、より効率良く筋肉を鍛えることが出来るのです。

一日かけて全身のトレーニングをするのは非効率

大抵の場合、それほど本格的な筋トレに慣れていないという方、スポーツジムそのものにまだあまり馴染んでいない方であれば、筋トレのメニューを組む際に、取り敢えず頭から足先まで全身をまんべんなく鍛えられるようなメニューを考えるのではないでしょうか。

一日に数時間ほどを費やして、腕、胸、肩、腹、背中、腰、太もも、尻、ふくらはぎなど全身の筋肉を追い込もう、という考えかたです。

そういったトレーニングの仕方が悪いという訳ではないのですが、時間的効率のこと、そして疲労度のことを考えると出来るだけたくさんスポーツジムに通いたい方には満足することが出来なくなってしまうのです。

一日で全身すべてを鍛えることは、どうしても時間が掛かりますよね。これは裏を返せば、時間にかなり余裕のある時しかジムに行くことが出来なくなる、ということでもあります。

それに、長時間の筋トレというのは非常に疲れます。筋トレというのは、基本的に一回一回を全力で取り組んで、高負荷低回数を推し進めることでより短期間で効果が現れるとされているものなのです。

トレーニングに慣れていなければ最初の数種目でバテバテになってしまい、結果的に最後のメニューを行う時にはすっかり疲れ果て、肉体を限界まで追い込むどころではない、という事態にもなってしまいます。そんなへろへろ状態で筋トレをしても、筋肉が発達することないのです。

また、一度スポーツジムに行くと極端に疲れてしまうようなトレーニングの方法ですと、気力を振り絞ってスポーツジムに行くのがおっくうになってしまう可能性も高いのです。

体を鍛えるのが目的とはいえ、体を鍛えるために仕事や私生活に支障が出てしまっては意味がありません。

そういう時は、筋トレのメニューを分割する、分割法を試してみましょう。

分割法ならばスポーツジムに通う回数を増やせる

分割法というのは、全身を幾つかのパーツに分けて、特定のメニューだけに集中的に負荷を加える、というものです。一度スポーツジムに行った時に全身を鍛えるようなメニューをこなしていると、どう頑張ってもジムに通うのは週に2回が限界です。

ただし、月曜日は上半身を鍛え、木曜日に下半身の筋肉を鍛える。このように鍛える場所を分割してしまえば、同じように週に2日スポーツジムに通うのでも疲労度を下げることが出来ますし、月曜と木曜に上半身、火曜と金曜日に下半身のトレーニングと分割すれば週に4日スポーツジムに通うことだって可能になるのです。

ただし、分割法を利用する際はトレーニングを分割しすぎないように気を付けましょう。やることがたくさんありすぎると、人はどうしても続けるのが面倒になってしまう生き物なのです。一週間毎日鍛える場所を変えれば毎日スポーツジムに通うことも不可能ではありませんが、そこまで分割してしまうとトレーニングの管理が大変ですし、当然疲れも溜まりやすくなってしまうのです。二分割から三分割程度の分割法なら大丈夫です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加